マニラでの「オススメ両替所3選」と高レートの両替所での失敗談について#132

世界3大夕陽の1つ「マニラ湾」Philippine
この記事は約6分で読めます。

 

皆さん、マガンダン アラウ、旅ブロガーのファインです。

あなたは、加害旅行へ行かれるときに現地通貨をどこで両替しますか?

日本の空港ではレートがすこぶるる悪いので、緊急以外はお勧めしません。

空港?ATM?銀行?両替所?どこでフィリピンペソを得るのが正解なのでしょう?

 

ということで、今回は海外旅行の最初の関門である「両替」について語ります。

 

 

 

 

フィリピンペソの紙幣と硬貨

フィリピン紙幣は1,000ペソ、500ペソ、200ペソ、100ペソ、50ペソ、20ペソの6種類

1000ペソや500ペソは高級なものを買い物するとき以外はあまり使いません。

高額紙幣は場所によっては、お釣りがないと言われることも多いのがフィリピンです。

 

両替するときは、200ペソできれば100ペソで受け取ると使い勝手が良くなります。

硬貨は10ペソ、5ペソ、1ペソの3種類あります。

補助通貨は25センタボ、10センタボ、5センタボ、1センタボの4種類存在します。

 

但し、補助通貨のセンタボはほぼ流通していないので、切り上げか切り捨てされます。

 

フィリピン通貨フィリピン通貨

 

 

 

ニノイ・アキノ国際空港の両替

フィリピンだけではなく、基本的に空港の両替所はレートが悪いことが多い傾向です。

日本の空港で両替したら、ざっくりですがフィリピンと比較して15%ほど損をします。

「ニノイ・アキノ国際空港」のレートは他の空港と比較してそれほど悪くありません。

短期滞在者は、わずかの差で街中の両替所を探す労力をかける価値はないかもしれません。

 

微妙な差ですが、空港の両替所は銀行系より民間の方がやや高レートでした。

 

 

 

ATM

ファインは、通常クレジットカードのキャッシングを推奨すいしょうしています。

しかしフィリピンは、1回の引き出し限度額が1万ペソに設定されているのです。

それにATM手数料が1回200ペソ(約400円)かかります。

少額引き出すたびに200ペソも取られるのはコスパが悪いのでオススメしません。

ATMATM

 

 

 

両替所:Money Exchange

マニラには、たくさんの両替所があります。

高レートの両替所を探すだけで、マニラ観光の時間をロスするのは勿体ないです。

そこで、ここではファインの3つのオススメ両替所を紹介します。

 

①NAILAS MONEY CHANGER

世界3大夕陽に数えられるマニラ湾近くにある黄色の看板が目印の両替所です。

世界3大夕陽の残り2つは、日本の「釧路」とインドネシアの「バリ島」です。

「世界三大夕陽」は、世界中の船乗り達によりうたわれるようになったものです。

興味がある方は、以下の記事もご覧ください。

 

【短期滞在者必見】パワースポット満載のバリ島6大寺院の魅力と絶景 #125 | 元添乗員のひとり旅 (fineserviceagency.com)

 

 

「NAILAS MONEY CHANGER」の両替所は、観光客よりも地元民人気があります。

ファインも、この両替所はマニラ在住のフィリピン人に教えてもらいました。

場所は、フィリピン総合病院とマニラ動物園の中間地点にあります。

高レートですが、人を見て誤魔化すスタッフがいるので金額はその場で確認しましょう。

営業時間:7:30~21:00

住所:1741 A. Mabini St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila

 

 

②Moonlight Money Changer

有名なショッピングモールRobinsons Place Manilaとリサール公園の中間地点にあります。

青い看板が目印で、ここも「世界3大夕陽」に数えられるマニラ湾の近くにあります。

店員さんの接客も評判なので、日本の方にはここを一番オススメします。

周囲には飲食店も多く、大通りに面しているので見つけやすいのも魅力です。

営業時間:9:00~22:00

住所:1190 A. Mabini St, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila

 

 

 

③Sheeha Money Changer

ガイドブックやブログで紹介されている日本人にとって最も有名な両替所です。

ショッピングモールの「Robinsons Place Manila」とマニラ湾の間にあります。

遅い時間まで営業しているので、観光客の間では便利で高レートとの評判です。

営業時間:8:00~23:00

住所:1529 A. Mabini St, Malate, Manila, 1001 Metro Manila

 

 

 

要注意:Be careful

マニラには、上記3つの両替所よりも高レートの両替所は存在します。

 

・人通りの少ない路地裏の両替所

・レート表示が手書きの両替所

・ボロボロの小屋の両替所

・交渉制の両替所

・日本語で両替を勧誘してくる人

 

上記に一つでも当てはまったらいくら高レートでも、そこでの両替は止めましょう。

 

その両替所は、両替所の計算機に細工してある詐欺行為の可能性があります。

マジックと呼ばれる紙幣を抜き取るテクニックを持っている両替所の可能性も高いです。

このような両替所で騙されている事例が報告されています。

 

 

トラブル回避方法:How to avoid trouble

両替時には、どこの両替医所でもレシートと一緒に現金を渡されます。

ファインがオススメした両替所でも、その場を離れる前に必ず金額を確認しましょう。

フィリピンに持ち込む金額や持ち出す金額に5万ペソまでと制限があります。

 

帰国前に日本円への再両替は手数料も高いので勿体ないです。

フィリピン通貨が余らないように、クレジットカードと併用して使い切るように計算しましょう。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸

今回ご紹介したフィリピンの両替事情はいかがでしたでしょうか?

お金のトラブルは旅行そのものを台無しにしてしまいます。

もし騙されたら楽しみに来た海外旅行もすべては嫌な気持ちで過ごすことになるでしょう。

ファインも今回紹介した要注意の両替所で高レートに釣られたことがありました。

 

騙されたことにすぐに気がついて証拠写真を撮ったら、数人に囲まれてしまいました。

お店から出してもらえない状況に陥ったので、仕方なく写真を消してお金も諦めました。

ファインのような状況にならないように、紹介した3ヵ所の両替所の利用をオススメします。

Philippine 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました