サンディエゴの「トリーパインズゴルフコース」で生タイガーウッズを観た! #9

タイガーウッズ選手海外旅行
この記事は約8分で読めます。

皆さんHELLO!旅ブロガーの「ファイン」です。

あなたは、ゴルフ界のスーパースター「タイガーウッズ選手」を観たことありますか?

テレビでは、観たことあるけど生で観たことある人は多くはないんじゃないでしょうか?

ファインが、サンディエゴにやってきた目的は「生」でタイガーウッズ選手を観ること。

 

ということで、今回は、アメリカゴルフツアーを初観戦について語ります。

 

 

 

サンディエゴ:Sandiego

 

カリフォルニア州第2の都市「サンディエゴ」はロサンゼルスから約200km。

移動手段は様々ですが、ファインはバスで移動しました。

 

 

 

 

バス移動

Greyhound(グレイハウンド)バス

所要時間:約2時間30分

運賃:12.50$

 

HPで早めに予約すると時間帯によりますが、10ドル以下の時もあります。

ファインは早朝発で、往路は12.50ドルくらいで行くことが出来ました。

車内では無料のWifiやコンセントが利用可能です。

 

アメリカ人仕様なのでしょう、日本のバスより座席幅も広くて快適ですよ。

ちなみに、Greyhoundバスターミナルは治安の悪いスキッドロウの近くにあります。

スキッドロウについては、以下の記事でも触れています。

 

アメリカ合衆国の入国に関する注意事項とロサンゼルスの危険エリアについて #6 | 元添乗員のひとり旅 (fineserviceagency.com)

 

バスターミナルまでの移動方法は、UBERの利用を強くお勧めします。

 

バスターミナルに無事到着したら、下記2つを提示しチェックインするだけです。

e-チケットをプリントアウトしたもの

 

写真付きの身分証明書(パスポートでok)

 

預け荷物は1つまで無料、2つ目から有料になります。

車内に持ち込む手荷物は無料です。

 

Greyhoundバス以外に、 Goto Bus(ゴートゥー・バス)というのもあります。

ファインは、知名度と料金を比較してGreyhoundバスを選択しました。

 

 

鉄道移動

アムトラック(Amtrak)

所要時間:約3時間

ロサンゼルス側はユニオンステーション駅が発着駅になります。

運賃:37$~(時期と席種により異なります)

 

 

ロサンゼルスからサンディエゴ間は「パシフィック・サーフライナー」路線が運行。

電車内から太平洋沿いの景色を満喫できる海側座席は人気です

 

WiFi、トイレ完備。

切符はオンラインで事前に予約が可能です。

 

切符はeチケットをモバイル上で提示します。

もしくは、プリントアウトしたものを提示します。

 

手荷物は2つまで、預け荷物は2つまで無料

サンディエゴ側の発着駅もダウンタウンのすぐ近くにあります。

 

 

飛行機移動

ロサンゼルス国際空港(LAX)からサンディエゴ国際空港(SAN)へ

所要時間:約50分

 

搭乗時間は50分かもしれませんが、空港まで行く時間チェックイン時間

を考慮したらバスよりは遅い(友人と競争したので実証済み)でしょう。

 

状況によっては「アムトラック」より遅い可能性もあります。

 

 

サンディエゴ観光

「サンディエゴ」と言えば、100km以上の美しい海岸線が有名です。

 

個人的には映画「トップガン」のイメージが強いですね。

海軍基地や航空基地もあり、“基地の街”としても知られています。

 

ラホヤ・デルマー

サンディエゴのダウンタウンから約20km

所要時間:約30分

スペイン語で「宝石」を意味します。

 

めちゃくちゃ広い「カリフォルニア大学サンディエゴ校(USCD)」などある学園都市。

 

The Beach Boysの名曲「Surfin’ USA」の歌詞にラホヤが登場します。

曲を聴いてもらえれば、一度は聞いたことがあると思いますよ!

 

 

Torrey Pines Golf Course

世界最高レベルのゴルフコースです。

Torrey Pines Golf Course」サンディエゴ市運営のパブリックコース。

 

トリーパインズゴルフコーストリーパインズゴルフコース

 

 

 

USPGAツアー「ファーマーズインシュランス オープン」が毎年1月に開催しています。

アメリカ屈指の有名コースで、タイガーウッズを生観戦してきました。

 

タイガーウッズ選手の後ろ姿タイガーウッズ選手の後ろ姿

 

空港並みのセキュリティの会場入口空港並みのセキュリティの会場入口

 

 

「Go Pro」や「デジカメ」などは、持ち込み禁止です。

しかし、携帯のカメラはokなので選手の写真は撮り放題でした。

 

日本の松山選手日本の松山選手

 

タイガー・ウッズだけじゃなく、もちろん日本の松山選手の応援もしましたよ。

 

 

食事

世界各国からの移民が多く暮らしているのも「サンディエゴ」の特徴です。

日本食、イタリア、フランス、ベトナム、韓国、ブラジルなど、

さまざまな国のグルメを堪能できます。

 

唯一の欠点は、街にスーパーマーケットがないこと!(コンビニはあります)

アメリカは物価が高いので、外食はかなり高くつきます。

 

ファインのような節約派は、サンディエゴの長期滞在は厳しいかもしれません。

 

 

クレジットカードについて

 

ここアメリカではクレジットカード社会だということは多くの日本人が知っています。

 

 

あなたは、海外旅行にクレジットカードを何枚持っていきますか?

ファインは、スキミングされた経験があるので最低3枚は持っていきます。

 

おそらく海外旅行で、パスポートとスマホの次に重要なのがクレジットカードでしょう。

 

 

海外の日本人宿で多くの旅人に出会った時、

「どんなクレジットカードを持っているの?」

と話題になることは多いです。

 

そこで、一番人気があったのがエポスカードです。

 

 

世界一周をしているバックパッカーのエポスカード保有率の高さの理由

 

★エポスカードのメリット(初めてクレジットカードを作る人にお勧め)

・年会費無料(更新しても、無料なのが嬉しい)

・海外旅行保険が自動付帯(カードを使わなくても大丈夫)

・盗難保険(61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償)

・学生、フリーター、主婦でも申し込みやすい(審査通過率が高い)

・セキュリティー対策で、1000円以上使うとメールが届く(不正利用防止)

・利用限度額を自身で決めることが出来る(スキミング被害防止対策)

・キャッシングの繰り上げ返済(利息が最低限に抑えられる)

・ポイント有効期間2年(ゴールドカードへのランクアップ期間)

 

デメリット

・種類はVISAのみ(JCBは使えない国が多いがVISAは海外でほとんど使えます)

・ポイント率が低い(ポイント率の高いクレジットカードを使えばいいだけです)

※つまり、デメリットはほぼないに等しいです。

 

海外旅行保険の補償内容

傷害死亡・後遺傷害最高500万円

傷害治療費用200万円(1事故の限度額

疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)

救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品1つあたり10万円程度、乗車券等は合計5万円程度

※利用付帯や年会費有料での補償内容と遜色ないレベルです。

 

 

ゴールドカードへのランクアップ

支払いの延滞がなければ、年間50万円以上利用でインビテーションの案内が届きます。

 

ゴールドカードのメリット

・ゴールドカードへランクアップしても、年会費5000円が永年無料

・国内19海外2ラウンジ(ハワイ、ソウル)利用可

・ETC無料

・家族からの紹介でもゴールドカードへ移行可

・海外旅行保険の補償内容がアップ

傷害死亡・後遺傷害最高1,000万円

傷害治療費用300万円(1事故の限度額)

疾病治療費用300万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)

救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

 

ゴールドカードへグレードアップした時のデメリット

・カード番号が変わる(唯一ここだけがちょっと面倒ですね)

エポスカードの人気の秘密について分析してみましたが、いかがでしたでしょうか?



 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

追伸

サンディエゴの(セブンイレブン)ホットドックは本当に美味しかったです。

具を好きなだけチョイスして詰められるので、自分好みに仕上げられるんです。

ぜひ、日本でも、このやり方を導入してほしいなぁ。

海外旅行 USA
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました