吊るされた棺桶「ハンギング・コフィン」が観られるのは世界中でサガダだけ#135

サガダの「ハンギング・コフィン」Philippine
この記事は約5分で読めます。

皆さん、マガンダン アラウ、旅ブロガーのファインです。

素晴らしい棚田を見て、バギオに戻ったファインは体力温存に努めました。

なぜなら、サガダにある洞窟はかなりの体力を消耗すると旅人から聞いていたからです。

他にも、崖から吊るされた棺桶も観れるという「サガダ」への好奇心が抑えきれません。

 

ということで、今回は「ハンギング・コフィン」が観られるサガダについて語ります。

 

 

アクセス

バス編

★バギオからサガダは146km

所要時間:約6時間半

GLトランス(GL Trans)社が1日5便

運賃:220ペソ・当日券のみ

 

※バギオのメインバスターミナルからはサガダ行のバスはありません。

ダングワターミナルの先にあるセブンイレブンの前から出発します。

バスターミナルというより、しょぼい駐車場です。

方向音痴のファインは、このバスターミナルを見つけるのに苦労しました。

「BESAO SAGAD BONTOC」という青い看板が目印となります。

 

 

「色の谷」(Valley of colors)

バギオを出発後、一軒一軒の建物がカラフルな色に塗られている山があります。

車窓から見ただけなのですが、ブラジルのファベーラに少し似ていますね。

トイレ休憩は2回ありますが、トイレは有料です(3ペソ)

 

色の谷:Valley of colors色の谷:Valley of colors

 

ワインディングロードを通って、サガダの「ツーリストオフィス」の前に到着します。

ここで観光客は全員「ツーリスト登録」をしなければなりません。

環境税50ペソを支払うと、登録番号記載のレシートとサガダの周辺マップを貰えます。

 

サガダの観光地へ行く際には、義務として必ずガイドを付けなければなりません。

その時に、レシートに記載された登録番号が必要になります。

 

 

★ケソンのクバオバスターミナルからサガダは約370km

所要時間:約12時間

コーダライン社が1日3便

運賃:770ペソ

 

★バナウェイからサガダは64km

所要時間:約100分

バナウェイ⇒ボントック経由⇒サガダ

バナウェイ⇒サガダ

運賃:直行便が300ペソで、経由便はもう少し安い。

車両はハイエースのバンタイプで、バギオ発より近いのに運賃は高かった?

交渉制で、コロナ前の情報なので少々古いかもしれません。

 

 

 

 

サガダ観光:Sagada Sightseeing

 

洞窟ツアー

★スマギン洞窟Sugong Caveとルミアン洞窟Lumiang Caveのケーブコネクションツアー

所要時間:3時間

料金:1,000ペソ

2つの洞窟が中で繋がっているそうですが、ファインはこちらには参加していません。

 

★スマギン洞窟:Sumaging Caveのショートコース

所要時間:60分

入場料:800ペソ

サガダに到着後、「ガイド必須」の意味がこの洞窟を見学して初めて理解できました。

ガイドさんがいないとおそらく無事に戻ってくることが出来ません。

ロープを使って昇る所もあり、濡れてもいい服装、汚れてもいい服装で行きましょう。

 

洞窟内にはコウモリが多く生息していて、普通にコウモリの糞が落ちてきます。

最近は、コロナの影響でコウモリに近づくのを恐れて洞窟観光は人がいないようです。

この洞窟は、いままでの洞窟や鍾乳洞の中でも一番難易度が高かったです。

 

運動靴がないと厳しいので、サンダルの方は洞窟に入らないようにしましょう。

まあ、水位次第で途中で一度裸足になるんですけどね。

 

 

 

 

キルテパン:Kiltepan

山頂からの雲海の絶景が楽しめるインスタ映えスポットです。

結論から申し上げますと、寝坊しました。

早朝3時半起きで山頂を目指す予定が・・・洞窟ツアーの疲れからでしょう。

 

雲海と日の出のコラボレーションを見逃してしまいました!

参加した方の話では、「感動した」「なぜ来なかったの」とのお言葉を頂きました。

早朝なので、空腹になると考え就寝前にお菓子をリュックに詰めて準備していたのに!

子供の遠足の前日のような気持ちで用意していたのに・・・・残念

 

 

ハンギング・コフィン:Hunging Coffines

「エコー・バレー」で見られるハンギング・コフィン(18体の吊るされた木製の棺)

天により近づけるように遺体の入ったひつぎを岸壁に吊るすイゴロット族の風習です。

2000年以上の歴史があるが、現在は行われていないとガイドさんが言っていました。

 

ひつぎを吊るしている理由

・先祖代々の霊に近づくことができると信じられていた

・遺体が地面に埋もれてしまうことへの恐怖

・遺体の腐敗を嫌ったこと

・野生動物の頭部の持ち帰りを逃れるため

 

公開されているのがエコー・バレーだけで、他の村にもハンギング・コフィンはあります。

但し、神聖な領域で住民以外は立ち入り禁止なので観光客が観れるのはエコー・バレーのみ。

営業時間:7:00~18:00

入場料:10ペソ

※写真に写っている椅子は「サンガジル」と呼ばれる儀式に使われる「死の椅子」です。

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

「サガダ観光」に必須のガイド料は、300ペソと少々高額です。

ファインは、語学留学に来ていた日本人たちと割り勘にしたので安価で済みました。

インフォメーションセンターでは、ひとり旅の場合はおそらく声をかけてくれます。

「同じツアーを希望している人がいるんだけど一緒にどうですか?」

「あなたの希望するツアーに参加する団体がいるけど、合流しませんか?」

ガイドがいないと洞窟の入り口で止められますので、迷わずokしたほうがいいですよ。

Philippine 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました