ベトナムの玄関口「ノイバイ国際空港」からの移動方法 #75

ハノイ市内のベトナム人女性Vietnam
この記事は約8分で読めます。

皆さんシンチャオ、旅ブロガーの「ファイン」です。

今回は、東南アジアへ飛びます。

ファインの大好きな国「ベトナム社会主義共和国」です。

ベトナムは、世界で五ヶ国しかない共産主義国の一つです。

ということで、今回からベトナム編のスタートです。

 

アクセス

ベトナムの首都ハノイの「ノイバイ国際空港」へ日本からの直行便は4社、乗継便は22社。

「ノイバイ国際空港」は市内中心部から約45km北東に位置します。

 

ベトナム航空ベトナム航空

 

2014年に国際線専用のターミナル2が開港し、ターミナル1は国内線専用となりました。

 

ニャッタン橋ニャッタン橋

 

上記写真は、ハノイ市街とノイバイ国際空港の間を結ぶ世界最大級の斜張橋(しゃちょうきょう)です。

日本の政府開発援助で建設されました。

 

 

入国審査

ファインがベトナムに行った頃よりも入国審査は厳しくなっています。

「ベトナム滞在期間が15日以内であること」

これがなかなか厳しい条件です。

 

15日間ではベトナムを観光していたら半分しか観れない日程です。

ファインの個人的な印象では、ベトナム周遊するには4週間は必要でしょう。

 

バックパッカー同士の情報交換で、以前は15日目に隣国へ一度出国すれば、

すぐにベトナムに戻っても問題ありませんでした。

 

しかし、「ベトナム入国の時点で旅券の有効期間が6か月以上あり、かつ、

前回のベトナム出国時から30日以上経過していること」

この条件が加わったのです。

 

一度ベトナムを出国しても、30日以内には再度ベトナムに戻れないのです。

知り合いの添乗員が、このルールにひっかかり再入国できないことがありました。

 

「往復又は第三国へ出国するための交通手段の切符を所持していること」

この条件は以前は出国の航空チケットがなければダメでした。

 

近年は、バスチケットがあれば大丈夫になったようです。

もし航空チケットもバスチケットもない場合、いつ出国するか説明を求められます。

 

アオザイ

ベトナムと聞いたら「アオザイ」を着た女性を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、なかなかアオザイを着ているベトナム人を見つけることは難しいです。

5月6月が卒業シーズンなので、この時期は目にすることも多いでしょう。

 

 

アオザイを着る女性アオザイを着る女性

 

 

招聘状(しょうへいじょう)(インビテーションレター)

ベトナム移民局・入出国管理局が発行する許可番号が記載された公的な招待状です。

アライバルビザを申請するときに必要となります。

 

オンライン上で発行できるので、大使館へ行く必要はありません。

 

アライバルビザ

ベトナム滞在が15日以上、もしくは出国後30日以内の入国に必要となります。

 

 

空港のイミグレーションの手前に「アライバルビザ発給窓口」があります。

そこで(Visa upon Arrival / Visa Application)ビザを取得できます。

 

パスポートサイズ(縦6.0cm x 横4.0cm)の証明写真2枚

上記招聘状と一緒に提出。

 

日本国内で申請等に出向く必要がなく、招聘状の発行もオンラインで行えます。

費用は大使館に行くよりも安く取得できます。

 

ちなみに陸路入国等の場合はアライバルビザの発給は行えません。

 

シングルビザ

シングルというのは、一度出国すると無効になってしまうタイプのビザです。

ビザ申請費:1ヶ月、3ヶ月、ともに25米ドル(ベトナムドンでも支払い出来ます)

 

マルチビザ

ビザの有効期間内何度も入出国ができるビザになります。

ビザ申請費:1ヶ月、3ヶ月ともに50米ドル(ベトナムドンでも支払い出来ます)

 

ベトナムのバイクベトナムのバイク

 

 

入国審査を終えたら、手荷物受取所へ進みます。

手荷物受取所(Baggage Claim)のターンテーブルは6レーンあります。

 

 

eビザ

2017年2月1日より、「eビザ」の発給が試験的に開始されました。

ファインは、今後どうなるのかこの「eビザ」に注目しています。

 

市内へのアクセス

 

 

タクシー

空港到着ロビーを出たら、左端にタクシー乗り場があります。

1円 = 222.39 ベトナム ドン

 

ハノイ中心部までの所要時間:50分~60分。

運賃相場:約45万ドン。

 

評判のいいタクシー会社一覧

エアポートタクシー:(車体にベトナム航空のゴールデンロータスのマーク)

マイリンタクシー:(車体が緑色)

タクシーグループ:(白色の車体に赤色のライン)

タクシーダイナム:(白色の車体で、青地に黄色の龍のマーク)

ノイバイタクシー:(白色の車体に黄色のライン)

ビナサンタクシー:(車体の色が白ベースで、下方部に赤いライン)

 

観光客に人気なのは「マイリンタクシー」です。

べトナム在住者には「ビナサンタクシー」が人気があります。

両社とも比較的にトラブルが少ないとの口コミです。(少ないとは全然ないわけではありません)

 

 

タクシーをどうしても利用しなければならないとき

あらかじめ相場の金額を調べておきます。

ドライバーに相場の金額を紙に書いて見せて、okの場合のみ乗車します。

 

目的地で不当な金額を請求された場合、相場の金額を黙って渡せば相手も引き下がります。

それでももめた場合、躊躇しないで警察を呼びましょう。

 

 

ホアンキエム湖ホアンキエム湖

 

エアポートミニバス

空港と市内各所を結ぶ乗り合いバスです。

到着ロビーを出た右側に乗り場があります。

 

市内までの所要時間:約1時間

運賃:5万ドン

 

ある程度満席にならないと出発しないこともあります。

料金は固定制ですが、トラブルも多いため乗車前に必ず確認しましょう。

 

 

86番バス

ファインは、これが一番お勧めです。

86番バスの順路:国内線ターミナル ⇒ 国際線ターミナル ⇒ハノイ駅。

 

料金:35,000ドン(約170円)

空港からハノイ駅までの所要時間:約60分

運行時間:6時台から夜23時台まで

運行間隔:約25分間隔

 

ホアンキエム湖周辺の宿に泊まる予定の方は、終点のハノイ駅までは行きません。

途中のGoogleMapなどの地図アプリを見ながらホアンキエム湖周辺で降りましょう。

 

86番バス86番バス

 

降りるときは下車ボタンを押します。

初ベトナムの時は、「ホアンキエム」を連呼していたら隣のお姉さんが教えてくれました。

 

到着ロビーの出口を出ると、左奥に86番バス乗り場があります。

オレンジ色のバスは目立つのですぐわかるでしょう。

 

支払いは車内で、大きなお札しかない場合はお釣りがない可能性があります。

 

スーツケースなどの荷物はトランクではなく車内に持ち込みます。

 

 

路線バス

空港から市内へ運行している、市内移動最安値のローカルバスです。

初めてハノイに来た時に、挑戦してみました。

 

運賃:9000ドン

料金は乗車中に車掌に支払います。

到着ロビーを出た右手、ミニバス乗り場先の道向かいから乗ります。

 

あくまで地元民のためのバスなので、満員の場合は観光客は乗車拒否されます。

ファインは何度も何度も乗車拒否されました。

 

 

車内はスリも多いのでご利用の際はくれぐれも注意してください。

また、観光客とわかると運賃トラブルがあるのでこちらも注意が必要です。

 

 

ロンビエン・バスターミナル行き「17」

運行時間:05:00~22:00

運行間隔:10~15分間隔

所要時間:ロンビエン・バスターミナルまで約90分

 

カウザイ・バスターミナル行き「7」

運行時間:05:00~21:00

運行間隔:10~20分間隔

所要時間:カウザイ・バスターミナルまで約60分

 

 

 配車アプリ

以前は、ウーバーとグラブの2社がありました。

 

現在は、GrabにUberが買収されて「Grab」のみです。

それでもタクシーより安いし、綺麗で安全で愛想がいいので利用価値はかなり高い。

 

バイクタクシーやライドシェアなどの選択肢もあり、配車アプリは楽しいですよ。

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

海外旅行初心者には、ちょっと疲れちゃう入国審査だったのではないでしょうか?

もし、手続きに自信がなければ15日以内の旅行を計画しましょう。

 

代行手数料を払えば、面倒な手続きを代わりにやってくれる会社もあります。

しかし、実際自分で手続きしてみるとけっこう出来ちゃうもんですよ。

ベトナムへの長期旅行を計画している方は、慣れないうちは大変だと思います。

しかし、海外旅行の勉強だと思って自分自身ですべてやってみてはいかがでしょうか?

Vietnam 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました