「泥が合流する場所」クアラルンプールのB級グルメ「4大屋台街」について#106

マレーシア料理のロジャックMalaysia
この記事は約7分で読めます。

スラマッ トゥンガハリ、旅ブロガーのファインです。

ファインは、旅の楽しみの一つに「食」があります。

もう一度訪れてみたい国は、例外なく食べ物が美味しかった国です。

東南アジアの食事は、基本的に日本人の口に合うと思います。

 

その中でも、多文化が入り混じったマレーシアはかなり上位に入るでしょう。

ということで、今回はクアラルンプールの「食」について語ります。

 

 

バクテー:肉骨茶

骨付き豚肉や野菜を漢方と一緒に煮込んだ栄養満点の「スープ料理」です。

これは、苦手な人とハマる人に分かれるでしょう。

選んだ店が良かったのかもしれませんが、ファインはハマりました。

 

新峰肉骨茶:Sun Fong Bak Kut Teh/スンホンバクテー

観光客もアクセスしやすいのですが、たまたま訪れた時には日本人はファインだけでした。

ほぼ地元客が席を埋めていたので、欧米人も1組しかいません。

営業時間:7:00~23:00

 

日本語メニューはありませんでしたが、写真付きで英語メニューはあるので大丈夫。

ファインが注文したバクテーの見た目は真っ黒のスープに肉が入っている感じです。

視覚から入ると「えっ」と思いますが、味は見た目よりかなりあっさりしています。

 

漢方が入っているのはわかりますが、見た目ほど強烈ではありません。

味付けはやや甘めでファイン好みでした。

この時はライスを注文しましたが、揚げパンと一緒に食べるのが通らしいです。

 

人生初「バクテー」を食べた感想は

 

旨いっ

 

これはマレーシアに来たら再訪決定です。

 

最寄り駅:「ブキッ・ビンタン」駅徒歩10分

駅周辺で、現地人に店の名前を見せたらお店の前まで連れて行ってもらえました。

マレーシア人は、基本的に優しい人が多いです。

 

ファインが食したのは定番の「Special Bak Kut The」。

料金:小23RM  大34RM  46RM(2人~3人前)

別名:マレーシアバクテー(黒バクテー)

このお店にはシンガポールバクテー(白バクテー)もあります。

 

 

 

亀ゼリー:Turtle jelly

チャイナタウンをぶらぶら歩ていいたら見つけてしまいました。

帰国後に知ったのですが、本家の恭和堂とは無関係らしいですね。

 

恭和堂:koong Woh Tong

亀ゼリーの有名店です。

料金:小9RM

現在は、「小10RM」に値上げしているようです。

 

試しに亀ゼリーを1つ注文してみました。

小皿に亀ゼリーを移して、食べます。

お茶のポットのような陽気と一緒に提供されます。

 

一口パクリッ

 

苦っ

 

顔をしかめたファインを見て、店員さんが

「これをかけるのよ」

シロップを指さしました。

 

うん、甘いシロップをかけると美味しく感じます。

 

24種類もの漢方薬が入っておる、以下の効能があるとのこと。

・美肌効果

・便秘

・疲労回復

・デトックス

・喉の痛み

・痔

 

 

 

ファインは店内で頂きましたが、テイクアウトもできます。

時間がない人は宿に帰ってからデザートとして食べるのもありかな。

店員さんに、お茶をススメられたので頂きました。

 

五花茶:Five Flower Tea

目を指さしたので、おそらく目にいい効果があるものと推測しました。

不味くはないですが、日本ではあまりない味だと思います。

 

最寄り駅:LRT 「Pasar Seni駅」

チャイナタウンの門のところにあるので、チャイナタウンを目指せばすぐに見つかります。

 

 

 

 

チリクラブ:Chile Crab

辛めのソースでカニを炒めた料理です。

このブログはひとり旅をうたっていますが、ここは連れて来てもらっちゃいました。

 

Fatty Crab Restaurant

地元では有名店らしく、まあまあの行列です。

行列に並んでいる間に、店員さんが注文を伺いにきます。

オロオロモタモタしていると、まずい雰囲気。

 

ファインには注文できなかったので、連れてきてくれた人に全部お任せです。

お会計もしていないので詳細は不明ですが、2人で2000~3000円くらいでしょう。

(はい、ご馳走になったのです)

チリクラブのソースにパンをつけて食べると2度美味しいので試す価値ありですよ。

 

チリクラブチリクラブ

 

 

「ナシゴレン」と「ナシレマ」:nasi goreng &nasi lemma

ナシゴレンとは、マレー語で、「ナシ」がご飯、「ゴレン」が揚げるの意。

ずばり「チャーハン」です。

 

ナシレマとは、マレー語で「ナシ」がご飯、「レマ」がココナッツ油の意。

ココナッツミルクで炊いたご飯に、おかずをトッピングする食べ物です。

バナナの葉に小魚・骨付きチキン・ゆで卵などをトッピングします。

 

サンバルという辛めのチリソースをかけます。

料金:100円~250円

ローカル店なら100円で食べられますが、有名店でも250円くらいです。

インドネシアでも食べましたが、マレーシアの方が全然美味しかったです。

バナナの葉に包んで売っているので、テイクアウトする人が多い傾向です。

 

 

ナシゴレンを知っている人は多いですが、ナシレマを知らない人が多いみたいです。

「ナシレマ」を作っているhironaさんの動画がわかりやすいので紹介します。

 

(1) Part2 マレーシアの国民食ナシレマを作ってみた!/Japanese try to make Nasi Lemak!🇯🇵🇲🇾 – YouTube

 

 

 

クアラルンプールの4大屋台街

屋台街でお金を払うときは20RM以下の紙幣を用意しましょう。

50RM以上だと首を横に振られるか、嫌な顔をされます。

どんどんお客を裁かないといけないので、お釣りなど渡している暇はありません。

 

夜に訪れる方が多いと思うので、大きな紙幣は昼間のうちに小さくしておきましょう。

 

①アロー通り(ジャラン・アローとも言われています)

最寄り駅:地下鉄(MRT)ブキッビンタン駅

②チャイナタウン

最寄り駅:LRT 「Pasar Seni駅」

③インビ

最寄り駅:MRT 「Bukit Bintang」駅

④ラジャ通り

最寄り駅:マスジッ ジャメ駅

 

ラジャ通りは、ナシチャンプルが名物の屋台通りです。

ナシチャンプルはお皿にご飯を盛り付けて、数十種類のおかずをトッピングするシステム

 

クアラルンプールの屋台はなかなかのボリュームです。

一人で食べ歩きするなら、1軒のお店でお腹いっぱいになるでしょう。

沢山の種類を食べたいならサテー(焼き鳥)がお勧めですよ。

 

マレーシア風焼き鳥のサテーマレーシア風焼き鳥のサテー

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

このタイトルの「泥が合流する場所」はマレー語を直訳したものです。

泥=lumpur

合流する場所=kuala

 

市中心部にある代表的なマスジット・ジャメモスクの付近に「クラン川」と「ゴンバック川」が流れています。

この2つの川の合流する場所が「クアラルンプールの地名の起源」とされています。

Malaysia 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました