キャンパスの一部が世界遺産である「メキシコ国立自治大学」の楽しみ方 #17

ポリフォルム・シケイロスMexico
この記事は約8分で読めます。

皆さんブエナス タルデス、旅ブロガーの「ファイン」です。

 

メキシコ国立自治大学は、ただの大学じゃありません。

1551年に創立されたアメリカ大陸で二番目の歴史を持つ大学です。

建築家マリオ・パニと、エンリケ・デル・モラルによって設計されました。

メインキャンパスが2007年ユネスコ世界文化遺産に登録されている大学なのです。

 

といことで、今回は「メキシコ国立自治大学」について語ります。

 

 

 

UNAM:Universidad Nacional Autónoma de México

メキシコ国立自治大学=UNAM

60人以上の建築家や技師が統一性を持って作り上げた大学都市です。

世界遺産に登録されたメインキャンパスの「シウダー・ウニベルシタリア」

 

日本語に訳すと、

「メキシコ国立自治大学 (UNAM) の大学都市中央キャンパス」という名称です。

 

ロサンゼルスのUCLAも広くて大規模でしたが、UNAMも負けてはいません。

現在約35万人の学生の学び舎となっているUNAMは世界最大級の大学施設なのです。

 

 

20の学部、6つのスクール、5つの研究センターがあり、その規模から

大学都市:セーウー(”CU” Ciudad Universitaria)とも呼ばれます。

※シーユーじゃないからね   笑

 

メキシコ壁画運動:Mexican muralista art movement

1920年代から1930年代にメキシコ合衆国で起こった絵画運動です。

革命意義やメキシコ人としてのアイデンティティーを民衆に伝えることが目的の運動です。

 

当時、スペイン語が読めない人が多かったので壁画が描かれたという説もあります。

そのため個人所有でなく、誰でもいつでも見ることのできる壁画が媒体に選ばれました。

※民衆に社会主義革命の意義や成果をわかりやすく印象的に伝えることが重視されました。

 

メキシコ壁画運動の三代巨匠

 

★Diego Rivera:ディエゴ・リベラ

★David Alfaro Siqueiros:ダビッド・アルファロ・シケイロス

★José Clemente Orozco:ホセ・クレメンテ・オロスコ

 

※三人とも国立サン・カルロス美術学校で学んだ画家です。

 

 

世界遺産に登録されたのは6ヵ所

 

★「オリンピック・スタジアム」

★「40カ所の学部・研究所」

★「文化センター」

★「生態系の保全区域」

★「中央図書館」

★「博物館」

 

著名な卒業生

メキシコ国立自治大学は著名人を多く輩出する大学としても知られています。

 

★メキシコ歴代の大統領・コスタリカ大統領・グアテマラ大統領・ボリビア副大統領

★2007年に世界一の大富豪に認定された実業家カルロス・スリム

★ノーベル文学賞受賞者オクタビオ・パス

★「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン

★ノーベル化学賞受賞者マリオ・モリーナ

 

 

フアン・オゴルマンのモザイク壁画

これが、大学のキャンパスですよ。

 

フアン・オゴルマンのモザイク壁画フアン・オゴルマンのモザイク壁画

 

UNAMにある壁画の中でも一番巨大で、中央図書館に描かれている有名な壁画です。

4面にテーマ別で描かれていて、その全てがタイルでできているのです。

 

南側 『スペイン植民地時代の圧政』

東側 『太陽と月、宇宙、科学、政治』

北側 『アステカ文明』

西側 『学生たちの現代メキシコにおける役割』

 

壁画としては世界最大で、アステカ文明やスペイン侵略をモチーフにした絵、

学章や天動説・地動説などが描かれています。

 

写真のセンスがあればもっとちゃんと伝えられたのに・・・。ごめんなさい。

生で見たら、なかなかの迫力ですよ。

 

 

 

大学の授業料

 

博物館や植物園など多くの文化施設を抱えるUNAMは、政府が財政援助を行っています。

国立大学の学費は、一学期でたったの50センタボ(日本円で約3円)です。

 

大学本部棟の鷲とコンドル大学本部棟の鷲とコンドル

 

特に貧困層出身者に対する手厚い支援制度があります。

奨学金制度、夜間授業、食堂の補助金制度などが充実しています。

 

現代アート美術館:Museo Universitario Arte Contemporáneo

メキシコ国内外の現代アーティストによるメキシコアートの最前線の美術館です。

エントランスにはメキシコを代表するルフィノ・タマヨによる彫刻作品

「La Espiga」が置かれています。

全体がガラス張りで自然光を取り込む建築が印象的な建物です。

 

キオスクのお姉さんキオスクのお姉さん

 

ファインはここでりんご飴を食べました。

キャンパス内には、日曜日でも市民が訪れるのでキオスクで軽食を売っています。

 

 

LA SUPERACIÓN DEL HOMBRE POR MEDIO DE LA CULTURA

歯学部校舎に描かれています。

作者は、フランシスコ・エッペンス・ヘルゲラ氏

 

この作者は、彫刻や切手のデザインなどでよく知られているアーティストです。

メキシコ国旗中央の国章もヘルゲラ氏が手掛けました。

 

 

ビジターセンター

ビジターセンター(大学本館の隣の建物内)で、メインキャンパスツアーが開催されています。

大学の歴史など詳しい説明を聞くことができます。

UNAMには、日本人学生もいるみたいですよ。

 

 

アクセス

最寄り駅:3号線Copilco駅 徒歩約17分

ちなみに、地下鉄コピルコ駅は構内に壁画がびっしり描かれています。

駅を出てから駐車場などを抜けて、壁画の描かれている校舎を歩いていきます。

 

メトロ3号線Universidad駅で下車すると中央キャンパスまでバスで移動する事になります。

メトロバスでもメキシコ国立自治大学へ行くことが出来ます。

最寄り駅:1号線「Dr.Garvez駅」  徒歩約6分

 

 

シケイロスの手と鉛筆シケイロスの手と鉛筆

 

 

 

PUMA BUS:プーマバス

巨大学園都市は7㎢あるので、歩いて移動したらメチャメチャ大変です。

実際、歩いたアホがここにいます。

 

プーマバスは、平日キャンパス内を走る無料の循環バスです。

 

12路線あり、キャンパス移動にはとても便利で、観光客も乗れますよ。

Universidad駅からも出ています。

平日なら、学生による無料のキャンパスガイドもいます。

 

シケイロスの民衆から大学へ、大学から民衆へシケイロスの民衆から大学へ、大学から民衆へ

 

学長塔に描かれている立体的で迫力のある壁画です。

独特の鮮やかな色彩で立体的な絵は、遠くからは絵が飛び出しているような感覚になります。

 

 

ポリフォルムシケイロス

 

シケイロスの作品のなかでも、最大の壁画がある1971年に完成した劇場です。

12枚の壁画で形成された外観のインパクトが凄かったです。

しかし、ファインが観たかったのは外観ではありません。

 

 

 

 

劇場内の巨大な壁画『La marcha de la humanidad(人類の行進)』です。

人類が未来へ向かうためのメッセージを込めた壁画です。

あの岡本太郎がうなった作品を観たかったのです。

しかし、ファインが訪れた時はお休みでした。ぴえん

 

Las Islas(島々)

芝生で覆われた広場は、Las Islas(島々)と呼ばれています。

アクティビティなどが催され、学生たちの憩いの場となっています。

ファインが訪れた休日は、家族連れが多く訪れる人気のピクニックスポットです。

 

 

学生たちのサークル活動の練習風景学生たちのサークル活動の練習風景

 

彼女たちは、ロープ(布)を何度も昇り降りしていました。

なんのサークルかわからなかったけど、日曜で数少ない学生との出会いでした。

 

 

エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ(オリンピック・スタジアム)

1952年に建設されました。

1968年のメキシコオリンピックではメイン会場として使われました。

 

オリンピック・スタジアム正面入口オリンピック・スタジアム正面入口

 

日本が、サッカーで銅メダルを獲得した大会です。

1986年の第13回FIFAサッカーワールドカップでも使用されました。

 

 

オリンピック・スタジアム側面オリンピック・スタジアム側面

 

海外の大学も特徴があって、色々と楽しいですよ。

メキシコシティに訪れた際には、ぜひ観光候補に入れて欲しいです。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

メキシコ国立自治大学は1学期~8学期まであるそうです。

日曜日のUNAMは、周辺住民の憩いの場になっています。

Universidad駅からPUMA BUSも走っているので平日に行くことをお勧めします。

ファインは、日曜に行ってちょっと後悔しました。

Mexico 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました