東南アジア最大都市「ジャカルタ」の両替事情と異なる2つの宗教施設#117

ジャカルタの渋滞道路で物売りをするおじさんIndonesia
この記事は約6分で読めます。

 

セゥラマット シアン、旅ブロガーのファインです。

インドネシアの首都「ジャカルタ」の語源は「ジャヤカルタ(偉大な都市)」です。

公用語はインドネシア語ですが、ジャカルタの英語力はほぼ日本と同じくらい。

都市圏人口は東京に次ぐ世界第2位で、20代30代の若者が多く元気があります。

渋滞が目立ちますが、世界最大のモスクがある首都として知られています。

 

ということで、今回はそんな「ジャカルタ」について語ります。

 

 

 

両替:Money Exchange

日本から「スカルノハッタ国際空港」へ到着するとたくさんの両替所があります。

レートを確認すると、他の空港よりレートがいいと感じるでしょう。

どこの両替所もほぼ同じレートで、実際に表示されているレートは悪くありません。

 

ヒジャブを被った真面目そうな女性のカウンターで日本円を出して両替をこころみました。

すると、「表示レート」より少ないインドネシアルピーが出てきました。

彼女を3秒見つめて「Call the police」と話してみて下さい。

 

すぐに彼女が誤魔化ごまかした分の金額を出してきます。

(この方法は東南アジアを旅している方から教えてもらいました)

 

日本人の多くは両替した金額を確認しないと思われているそうです。

空港の両替所で日本のパスポートを出すと、ほぼ同じようなことが起こります。

この噂は、バックパッカーから聞いていたのでファインは用心していました。

 

空港で2回試して、2回ともやられたのでこの情報は間違いではないでしょう。

レートが良くても、空港の両替所では市内移動の最小限の金額だけにしましょう。

 

それでは、どこで両替すれば損をしないのか知りたくありませんか?

多少の誤差はありますが「The Tunggal Money Changer」1択で間違いありません。

場所は「プラザブロックM」というショッピングモールの2階にあります。

高レートで有名になりつつあるので、かなり人が集まり混雑していることが多いです。

 

1円≒131RP

 

 

無料周遊バス:CITY Tour

バルセロナ編でも紹介した「シティー・ツアーバス」と似ています。

 

バルセロナをひとりで観光する方法 #54 | 元添乗員のひとり旅 (fineserviceagency.com)

 

唯一違う点は、州営トランスポルタシ・ジャカルタが運営して無料だという事です。

ジャカルタ中心部を巡回する2階建ての観光バスがなんと「無料」なのです。

 

<三つのテーマ別ルート>

①ショッピング

②グルメ

③ジャカルタの歴史

 

運行間隔:1時間に1本

バス出発場所:3コースともバライコタ(州庁舎)

運行時間:9時~21時

所要時間:90分

 

 

渋滞を気にしなければ、かなり利用価値は高いと思います。

車が動かないので、道路で物売りする人が多く車両の間を普通に歩いています。

 

 

ジャカルタ都市高速鉄道:Jakarta Mass Rapid Transit

ファインが訪れたときは建設中だったのですが、2019年3月に開通しました。

旅行者に避けられていた原因が多少解消され、移動しやすくなったみたいです。

運賃:3,000RP~14,000RP(初回はカードのデポジット代15,000RP必要)

 

窓口と自動券売機のどちらでも購入できます。

日本が支援して造ったので、改札もほぼ日本と同じでタッチするだけです。

地下を走っていると思ったら地上の高架も走ります。

千葉と都内を結ぶ東西線のイメージをすればわかりやすいでしょう。

 

ジャカルタのMRTジャカルタのMRT

 

 

 

イスティクラル・モスク:Masjid Istiqlal

白亜の45Ⅿのドーム型の建物は、ジャカルタ観光の定番です。

インドネシアのイスラム信者数を象徴するかのように、世界でも最大級規模を誇ります。

ファインは、ひとりで訪れたにもかかわらず丁寧に英語で案内してくれました。

 

イスティクラル=独立

 

収容人数12万人は、世界最大のモスクです。

敷地内には、「チリウン川」が流れています。

守衛のいる入り口から入ると、靴を預けるところがあります。

 

靴を預けたらゲストブックに、記入を求められます。

①時間

②日付

③名前

④職業

⑤国籍

⑥宗教

 

露出が激しい服装だと、正装衣装を貸してくれます。

余談ですが、このモスクを設計した建築家はクリスチャンです。  笑

赤い標識を目にしたら「Kiblat」です。

「Kiblat」とは、メッカの方角を指しています。

 

館内にある電光掲示板は、1日5回の礼拝時間が掲示されています。

時間にルーズなインドネシア人が、礼拝の時間はきちんと守るのです。

案内の最後に寄付をお願いされます。

あくまでも寄付なので、気持ちだけDonation Boxに入れれば問題ありません。

 

 

 

ジャカルタ大聖堂:Jakarta Cathedral

上記のイスティクラル・モスクのすぐ近くにあります。

60Ⅿの3つの鐘楼が特徴的な「カトリック教」の施設です。

異教徒の建物が近くにあるのは、お互いを認め合っていると解釈できますよね?

このような状況が世界中で当たり前になれば、宗教戦争など起こらなくて済むのに。

 

日本人はファイン同様、無宗教な方が多いと思います。

でもインドネシアではよく宗教を聞かれる場面に遭遇しました。

「without  Religion」=「宗教なし」と答えると驚かれます。

 

開館時間:6時00分~12時00分、 15時30分~21時00分

 

 

 

配車アプリ:Vehicle dispatch app

ここジャカルタの渋滞はひどく、観光時間を渋滞に奪われるのは勿体ないです。

ジャカルタ観光の移動手段で、バスやタクシーを使うのは効率が悪いと思います。

そこで登場したのが「ゴジェック(GOJEK)」というバイタクシーサービスです。

 

アプリを使えばクレジット決済で面倒なく移動できます。

車両渋滞の間をすり抜けて走るので、初めての方は怖いと感じるかもしれません。

利用方法は、「Grab」とほぼ同じです。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

今回ご紹介したジャカルタは、いかがでしたでしょうか?

日本より2時間遅れているジャカルタは、年間平均気温は30~33℃で常に暑いです。

でも室内やバスなどはアホみたいに寒いので、上衣は必ず持っていきましょう。

治安もよく人々は優しいのですが、ジャカルタの渋滞は「世界一深刻」と言われています。

排気ガスも凄いので、コロナが収束しても「マスク」は持参した方がいいでしょう。

Indonesia 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました