バルセロナをひとりで観光する方法    #54

バルセロナ五輪のメイン会場Spain
この記事は約8分で読めます。

皆さん Buenas Tardes、旅ブロガーの「ファイン」です。

日本人にも人気がある「バルセロナ」

見どころは沢山ありますが、今回はファインの訪れた観光地のみ触れていきます。

 

お勧めな2大バスツアー

Barcelona Bus Turistic(バルセロナ・バス・ツーリスティック)

Barcelona City Tour(バルセロナ・シティー・ツアー)

 

バルセロナ・バス・ツーリスティックの2階席バルセロナ・バス・ツーリスティックの2階席

どちらもバルセロナの公認バスです。

 

<こんな人にお勧め>

・快適に自由に一人で観光したい

・安全に要領よく回りたい

・なるべくリーズナブルに回りたい

・スペイン語が話せない

・初めてバルセロナに来た人

・安心な女子旅がしたい

 

カタルーニャ広場のバス乗り場カタルーニャ広場のバス乗り場

 

 

ファインは「バルセロナ・バス・ツーリスティック」を利用しました。

このバスは、チケットを購入したら乗車回数の制限なく何度でも乗り降りできます。

 

バスは2階建てで、ガイドブックに載っている主要なところはほとんど網羅しています。

2階はパノラマ展望ができるオープンデッキになっていて、見下ろす感じが爽快ですよ。

1階はエアコン完備なので、暑さが苦手な人や日差しを避けたい女子には最適です。

 

2階からは、写真が撮りやすいのでファインは、ほとんど2階席に座っていました。

嬉しいことに、Wi-Fiがフリーなんですよ。

ガイドブックをにらめっこしなくても、日本語の音声ガイド付きなので安心&快適。

 

料金:1日30ユーロ、2日40ユーロ

 

所要時間:ブルー、レッド約2時間   グリーン約40分

 

運行間隔も10分から20分まてば、次のバスが到着します。

 

運行時間:9:00~19:00(夏は20:00まで運行)

 

バス停も44の停留所があり、バスのカラーと同じだから観光客にもわかりやすいです。

チケットは観光案内所やカタルーニャ広場でも購入できます。

事前購入しておくと10%の割引があるのでファイン的にはこちらがお勧めです。

 

Hop on hop off | Barcelona Bus Turístic
Discover the city of Barcelona with the official sightseeing bus that lets you see and enjoy its most emblematic monuments and buildings.

 

 

初めてバスに乗ったらバウチャーを提示して、チケットと交換します。

この時に、バス内で路線図がもらえます。

路線図は、全てのバス停と観光スポットが載っているので必ずもらいましょう。

この路線図を見ながら、自分の行きたいところのその日の計画を立てられます。

 

グエル公園:Park Guell

建築家の「アントニ・ガウディ」の作品で、1984年に世界遺産に登録されました。

「グエル公園」からは、バルセロナの街並みが一望できます。

「グエル公園」は、ガウディとグエル伯爵が作り上げた分譲住宅なのです。

スポンサーのグエル伯爵の名から、「グエル公園」と命名されています。

 

 

ドラゴンの階段:The Dragon Stairway

全長2.4メートルの大トカゲはグエル公園で1番の人気スポットです。

この大トカゲのいる大階段は、ギリシャ神話がモチーフらしいですよ。

1番の写真スポットだから、写真を撮るのが大変でした。

 

グエル公園の大トカゲグエル公園の大トカゲ

 

 

グエルパビリオンズ:Guell pavilions

お菓子の家のようなインフォメーションセンターです。

守衛小屋になっており、お土産もここで買うことが出来ます。

ここはヘンゼルとグレーテルのお菓子の家をイメージして建てられました。

 

 

グエル公園のGuell pavilionsグエル公園のGuell pavilions

 

 

ギリシャ劇場:The Greek Theatre/ラ ナトゥーラ広場

バルセロナの街が一望できる名称が複数あるグエル公園の絶景フォトスポットです。

一番の見どころは、何と言っても全長110mの「波打つベンチ」でしょう。

カラフルで波打つベンチは、長さ世界一のベンチとして認定されています。

 

 

ギリシャ広場の「波打つベンチ」ギリシャ広場の「波打つベンチ」

 

洗濯女(ブガデラ)の回廊:The Laundry Room Portico

中央広場の波形のベンチを背にして、左側沿いの壁側にある階段を下りた所にあります。

グエル公園のThe Laundry Room Porticoグエル公園のThe Laundry Room Portico

 

この回廊は、女性像の柱「カリアテッド」で支えられています。

ガウディは、回廊の柱を傾斜させ螺旋状の形状を用いて、様々な工夫をしました。

回廊の柱は、太く傾斜したものと細いのが組み合わさって構成されています。

 

 

営業時間と入場料

1月〜3月・11月〜12月:8時30分〜18時30分

5月〜8月:8時〜21時30分

大人 事前予約/7ユーロ 当日券/8ユーロ

 

サン・ジョセップ市場(ラ・ボケリア):Mercat de La Boqueria

ランブラス通り沿いにあるサン・ジョセップ市場は、バルセロナに来たら外せないでしょう。

 

バルセロナのサン・ジョセップ市場バルセロナのサン・ジョセップ市場

 

800年の歴史がある人気市場で、観光客でごった返しており値段も観光客価格です。

ちなみに、「サン・ジョセップ市場」と地元民に場所を尋ねたら????でした。

間違いではないですが「ボケリア市場」と聞いた方が地元では通じるらしいです。

 

日本でもパエリアは食べたことあるけど、バルセロナで食べたパエリアは最高です。

ちなみに、スペインで一人で食事をしていると「かわいそう」という目でみられます。

スペインでのボッチ飯はちょっと辛いですよ(笑)

 

バルセロナで食べたパエリアバルセロナで食べたパエリア

 

サン・ジョセップ市場には、約200の様々な店舗があります。

 

Pintxo bar:ピノッチョ(ピノキオ)

80歳を超えたファニートさんが働くこの店が、市場で人気ナンバー1バルだそうです。

 

カサ・ミラ:Casa Milà

カサ・ミラは、世界遺産登録にされているアントニ・ガウディの作品群の一つです。

白い壁と波のような曲線がとても目立つ外観です。

 

バスの2階から撮影した「カサ・ミラ」バスの2階から撮影した「カサ・ミラ」

 

建設当初は、この奇抜すぎるデザインが市民からは嫌われていたそうです。

パリのエッフェル塔と一緒ですね。

当時のエッフェル塔があまりに奇抜な外見のためかなり非難されていたらしいです。

 

チケットは2種類

 

時間指定制のチケット「La Pedrera Essential」22€

日付・時間指定なしの「La Pedrera Premium」29€

 

当日に行くと、行列に並ぶことになりますので事前購入をお勧めします。

 

Estadio Olímpico Lluís Companys

1992年に開催されたバルセロナオリンピック用に作られたスタジアムです。

正式名称は知らなくても「モンジュイックスタジアム」と言えば市民はわかります。

収容人員56,000人

五輪効果により、バルセロナが近代化した街に変貌した歴史的なスタジアムです。

モンジュイックの丘に続く道沿いにあり、無料で見学が出来ます。

 

 

アクセス

地下鉄1/3号線Plaza Espana(スペイン広場) 駅から150番のバスで15分。

またはフニクラのバルク・モンジュイック駅から徒歩10分。

 

ピシーナ・ムニシパル・デ・モンジュイック

バルセロナ市内が一望できる市営プールです。

バルセロナオリンピックの飛び込み会場だった場所です。

飛び込み競技プールと水深3メートルのアッププールの2つがあります。

 

入場料

一般(15歳以上)6.5ユーロ

子供(6歳から14歳)4.5ユーロ

 

営業期間

6/28〜9/3  時間:11:00〜18:30(最終入場は17:30)

夏は観光客でも絶景の中で泳げます。

夏以外はレストランからじゃないと絶景は観られないでしょう。

 

レストランの横からこっそり撮影レストランの横からこっそり撮影

 

Piscines bernat picornell(ピコネルプール)

バルセロナオリンピックの競泳会場です。

ファインの第一印象は「えっ、小っちゃい」でした。

今は亡き千葉県にあった天台の競泳プールより小さいような気がします。

 

バルセロナオリンピックの競泳会場バルセロナオリンピックの競泳会場

 

左はメインプールで、右はウオーミングアッププールで室内です。

 

岩崎選手の名前が刻まれた競泳プール岩崎選手の名前が刻まれた競泳プール

 

会場には、バルセロナ五輪で金メダルを取った選手の名前が刻まれております。

同じ日本人として誇らしいです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

追伸

 

早朝か夜間にグエル公園を訪れるとチケットなしで無料で入れるらしいです。

観光客も少ないため、写真の順番待ちもないので撮り放題らしいですよ。

Spain
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました