日本人が知らない海外の宿泊施設の探し方 6選  #3

ゲストハウスのミックスドミトリー旅行
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、旅ブロガー「ファイン」です。

あなたは、海外旅行でどのような宿泊施設に泊まりますか?

高級ホテル、中級ホテル、格安ホテル、カウチサーフィン、エアビーアンドビー等

色々ありますが、ファインはゲストハウスのドミトリーに宿泊することが多いです。

 

ということで、今回は海外旅行にはとても大事な「宿泊施設」について語ります。

 

 

宿泊施設

ゲストハウスを選択する理由は、いろいろな旅人との出会いがあり楽しいからです。

今回は、日本人になじみの少ない6種類の宿泊施設をご紹介します。

 

ゲストハウスゲストハウス

 

カウチサーフィン:Couch Surfing

皆さんは、「カウチサーフィン」を利用したことはありますか?

 

Couch =寝いす、ソファー、寝床

Surfing= インターネットで興味を持つ情報を探し求めて、ウェブサイトを見て回ること。

 

欧米中心に、1000万人以上のメンバーが利用する世界最大の宿泊マッチングサービスです。

海外を旅する人が、他人の家に宿泊させてもらう形式で相互の信頼により成り立ちます。

 

コミュニティー内の身分認証、過去の利用履歴や評価をチェックしながら、

世界各地のメンバーの家に泊まる事が出来ます。

 

危険はゼロではありませんが、評価をチェックすれば不安になる必要はありません。

英語を含め7か国語に対応したWEBサイトがあります。

 

Meet and Stay with Locals All Over the World | Couchsurfing

 

wwoof:ウーフ

ウーフは海外だけじゃありません。

日本でも体験できる、「農業体験付きの宿泊サービス」です。

 

現地での生活体験や学習の場を広げることを目的としたものです。

2021年のコロナ禍では海外に行くことが難しいですよね。

 

海外で挑戦する前に、日本で試しに利用してみるのもいいんじゃないでしょうか?

現在は、世界60カ国以上の農場で手伝いをしながら無料で宿泊することが出来ます。

 

無料/日本語版サイトあり

 

WWOOF ジャパン – WWOOFについて (wwoofjapan.com)

 

 

 

Warm showers:ワームシャワー

世界中を自転車で旅する、サイクリストのための宿泊SNSサービスです。

ファインは、海外でもレンタル自転車を借りることが多いくらい自転車好きです。

ワームシャワーはホストにより食費などがかかる場合もありますが、基本的に無料です。

 

ワームシャワーは、宿を貸す側、借りる側どちらにでもなる事が可能です。

借りる側だけでなく、貸す側になって旅人の体験談を聞くのも楽しそうじゃないですか?

日本でも数百人のメンバーが登録しています。

 

ホーム | Warmshowers.org

 

 

University room:ユニバーシティールーム

ユニバーシティールームは、大学の長期休暇中や、空き部屋を貸し出し、

宿泊させてくれるサービスです。

 

ネットは無料で飲み物がなんとタダなんです。

それぞれの大学ごとの学生向けサービスを利用できるのもメリットがあります。

 

ファインは、海外の大学にちょいちょい訪問しますよ。

興味ある方は「アメリカ編」や「メキシコ編」のブログを読んでみてください。

 

海外の学生気分を味わってみたい方は、試しに利用してみてはいかがでしょうか?

 

Book cheap stays in University rooms even if you’re not a student.

 

 

Workaway:ワークアウェイ

国際交流を目的とし1日数時間の仕事体験を通じて宿泊費や食費が免除になるマッチングサイト

決して普通の旅行では味わう事の出来ない楽しみがあります。

 

登録料として初回のみ22ユーロ(2年有効)が必要

 

Workaway.info the site for cultural exchange. Gap year volunteer for food and accommodation whilst travelling abroad.

 

 

ゲストハウス:Guest House

今回の情報も、ほぼゲストハウスで同部屋になった人から教えてもらいました。

 

 

普通のバックパッカーでは体験できないようなことができそうで、

なんかワクワクしませんか?

 

バルセロナのゲストハウスバルセロナのゲストハウス

 

上記写真は「ジョーブログ」で有名なのジョー君も宿泊したゲストハウスです。

ファインが、チェックアウトした後に彼らが来たみたいです。

 

 

ファインがゲストハウスに宿泊するときは、1泊1000円位の宿を目安に探します。

基本的にドミトリールームの出会いも楽しんでいるので、個室に泊まる事は少ないです。

 

ゲストハウスでの情報交換もファインにとっては楽しみでもあり重要でもあります。

ポンコツレベルの英語で旅人に現地情報を聞き出すためにガンガン話しかけています。

 

 

予約サイト

 

Agoda:アゴダ

アジアでは、情報量が多くて画面も見やすいのでとても使いやすいです。

 

 

Booking.com:ブッキングドットコム

欧米や南米では、情報量が多くファインもよく利用しています。

両サイトともオンライン旅行予約分野の世界最大手企業プライスライングループです。

 

「Booking.com」や「Agoda」で1泊数千円以上もするエリアでは、

「エアビーアンドビー」や「カウチサーフィン」を検索して

なるべく宿泊代を抑えるようにしています。

 

ちなみに、1泊1000円以下の宿は探せばいくらでもあります。

「プライスライングループ」の宿は衛生面と料金は比例する傾向にあると感じます。

また1000円以下の宿は盗難の確率も高くなるので。ある程度の安全はお金で買いましょう。

 

ファインの宿選びは「口コミ」「交通アクセス」「スーパーまでの距離」を重要視します。

 

 

余談ですが日本でもおなじみの「楽天トラベル」は「ブッキングドットコム」と提携しています。

 

 

両替:Money Exchange

ゲストハウスでも宿によっては、高レートで両替をしてくれるところもあります。

ファインは、基本的にはATMを利用しキャッシングをしています。

 

クレジットカードは複数枚用意し、締め日の近いカードでキャッシングをします。

キャッシングは借金です。

借入期間が長いとその分多くのお金を払うことになります。

 

ファインはブラジルやオーストラリアでスキミングの被害に数回経験しています。

 

 

 

ファインのような被害に合わないためには、市内中心部の銀行ATMを探しましょう。

万一カードが機械に飲み込まれても、すぐに銀行員が来てくれるので対応が早いです。

 

空港でカードが飲み込まれたら、対応してくれる人が到着するまで数時間かかります。

海外の空港では、その日に来てもらえないこともあるのです。

 

ATMの機械も、日本ほどきちんとしていません。

現金がからっぽということもありました。

だから空港のATMはあまり信用しすぎないでください。

 

空港へ到着したら市街地までの交通費の少額のみ両替しましょう。

 

日本円から現地通貨の両替はレートが悪いことが多いです。

米ドルだけは用意したほうがいいでしょう。

 

 

ファインは、為替で損をしたくないので日本にいるときに円高レートで両替します。

ここ数年間で為替レートでは、1年に数回1ドル105円を割り込む時がありました。

 

欲をかいて粘る人もいますが、

ファインは、日本にいるときは104円台のタイミングで両替しています。

だから、為替で損をすることはあまりありません。

 

両替場所も重要です。

秋葉原の「インターバンク」か新宿ガード下の「金券ショップ」の両替がお勧めです。

 

間違っても空港で両替しようとしないでください。

驚くほど、レートが悪いですから。

 

いくら上記2か所が高レートで両替してくれるといっても、

為替レートが107円とか108円で両替してはまったく意味がありません。

 

110円以上のレートでの両替なんて勿体ない。

 

両替する金額にもよりますが、

現地での宿代か美味しいものを食べれるくらいの差が出ますよ。

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

追伸

アメリカドルは、世界の基軸通貨です。

しばらく使う予定がないアメリカドルを持っていても決して損はありません。

あなたもぜひ無駄のない海外旅行をして美味しいものをたくさん食べましょ。

旅行 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました