気がつくと飛行機に乗っているあなたへ快適なフライトの座席の選び方 #2

機内食旅行
この記事は約8分で読めます。

皆さんこんにちは、旅ブロガーの「ファイン」です。

気がつくといつの間にか飛行機に乗っていることありませんか?

それは、間違いなくファインと同じ種類の人間ですね。

そういう人は、旅がしたくてしたくて仕方がない人種です。

 

ということで、今回は海外旅行には必須の飛行機について語ります。

 

 

座席について

旅好きな人に飛行機嫌いな人は少ないのではないでしょうか?

ファインは、もちろん飛行機が大好きです。

空港に着いただけで、ワクワクします。

 

ビジネスクラスビジネスクラス

 

 

動手段の快適さは、飛行機の座席位置で大きく変わると思いませんか?

ファーストクラス、ビジネスクラス、を指定できればもちろん快適でしょう。

しかし、ファインにとってはファーストクラスは「YOU TUBE」の世界です。

 

ファインは毎回「ビジネスクラス」を素通りして「エコノミークラス」に移動します。

「エコノミークラス」では、座席位置次第で快適さが異なるのでとても重要です。

ファインのお勧めの座席を理由と共に紹介します。

 

欧州の機内食欧州の機内食

 

 

 

非常口座席

 

飛行機の座席シート第1希望は、「非常口座席」です。

ここは前に座席がないため、広々としており足を伸ばして過ごすことができます。

お見合い席とも言われ、CAさんの素敵な笑顔に出会えるかもしれません。

 

但し、以下の条件が必須になります。

 

1. 満15歳以上
2. 搭乗に際して付き添いの方や係員の手伝いを必要としない
3. 航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することができる
4. 脱出手順の案内及び乗務員の指示を理解し、他の乗客へ口頭で伝えられる
5. 緊急脱出時に同伴者の援助をする必要がない
6. 緊急脱出の援助を実施することに同意する必要がある

 

緊急時CAの指示に従い手伝う必要がある為、冷静そうな大人がお願いされるようです。

航空会社の母国語や英語を理解できることがこの座席の条件に含まれています。

つまり我々日本人が、海外のフライトではこの座席になる可能性は低いでしょう。

 

 

非常口非常口

 

 

 

ベビーバシネット

次に、皆さんは「ベビーバシネット」の席はご存じでしょうか?

ファインの第2希望の座席で、赤ちゃん連れ用の目の前に壁があるシートです。

足元が広く、壁に収納ポケットがあり、快適なフライトが約束されます。

 

目の前は壁なので、リクライニングで席を倒されることがないというメリットがあります。

隣の人を起こさなくても、足をまたげば通路へ出られる夢のようなシートです。

予約時は×印がついていますが、実はこれ意図的に航空会社が付けているのです。

 

赤ちゃんのイメージイメージ

 

 

 

チェックイン当日、赤ちゃん連れのお客様がいなければこの席をゲットできます。

隣に赤ちゃん連れが座る可能性が高いので、子供嫌いな方は地獄のフライトになります。

ほとんどの赤ちゃんは、耳抜きが出来ないのでかなり辛い状況に陥り泣き出します。

 

※耳抜き

鼓膜の内側と外側に生じた圧力差を解消する方法。

 

鼻をつまみ、口を閉じた状態で鼻から空気をはき出すようにすることで耳へ空気を送る。

飛行中の急激な気圧変化により、耳が痛くなったりする場合に行うと効果的です。

唾を飲み込む、あくびをするように顎を大きく動かすなどの方法もあります。

 

 

通路側

ファインの第3希望は通路側です

短時間フライトなら窓側でもいいですが、欧米路線は必死に通路側を狙いにいきます。

そのためには、早めにチェックインカウンターに行く必要があるんですけどね。 笑

 

メリットは、トイレに行くとき声をかけることなく座席を立てること!

窓側と比べて空間を広く使えること!(長距離フライトはここ重要)

頭上の荷物を取り出しやすいこともメリットではないでしょうか?

 

機内の通路座席機内の通路座席

 

 

前方の座席のメリット

前方座席の1つ目のメリットはエンジンより前にあるため、後方より静かということ。

エンジン音はファインは気にならないけど、お子様連れや年配者は気にするでしょう。

 

前方座席の2つ目のメリットは飛行機の乗降ドアが近いので早く降りられること。

このメリットが一番大きいのではないでしょうか。

 

3つ目のメリットは後方と比べて揺れが少ないこと。

これは、ファイン自身あまり感じたことがないのでメリットに入れるべきか微妙です。

 

4つ目のメリットはすぐ寝ることが出来ること。

ドリンクや食事は前から配布される事が多いので、食べてすぐ寝ることができます。

トレーも早く下げてもらえて、皆さんが食事している時に早めにトイレに行けます。

 

ファイン自身は、正直、前方や後方の強いこだわりはありません。

個人的な印象ですが、前方は比較的飛行機に乗り慣れた方が多い印象です。

 

「エコノミークラス」の前方は、なんとなく落ち着いた雰囲気が感じられます。

ファインは、後方のワイワイしたにぎやかな雰囲気も嫌いじゃありません。

 

長距離フライトでは、映画1本観たらギャレーにストレッチに行くので後方は便利です。

ちなみに「頭上荷物入スペース」は後方の方が広いことはご存じですか?

 

ギャレー=食べ物や飲み物を準備する場所

 

ファインは荷物を機内に持ち込むので、頭上スペースが広いのは大きなメリットです。

自身の荷物が、席から離れたところに入れられると不安になりませんか?

なるべく自分の席の頭上へ機内へ持ち込んだ荷物を入れたいですもんね。

 

頭上荷物入れスペース頭上荷物入スペース

 

受託手荷物のないバックパッカーはここの席を狙う人が多いですよ。

 

 

窓側

ファインと反対に窓側を希望する添乗員も少なくはありません。

窓側は、もちろん素晴らしい景色が見れるというメリットはあります。

しかし、出発時間によってはCAさんから窓のシェードを閉めるよう指示があります。

 

そのような場合、窓からの景色は離陸と着陸の数分位しか楽しめないのです。

たった数分のために、通路側の快適空間を放棄する選択肢はファインにはありません。

しかももし翼の横だったら景色は全く見えないので、もはやメリットはないに等しい。

 

席を立つにも二人にお願いしないといけないし、その二人が寝ていたら・・・(-_-;)

それでも第3希望まで無理な場合は、仕方なく窓側席を選択します。

真ん中に挟まれた席だけは、どうしても避けたいのは誰もが思うことでしょう。

 

窓側座席の景色を眺められるというメリットも天候に影響されることも大きいです。

それに窓側の席で寒さを感じたことはありませんか?

機内の窓側は寒いと感じることが多く、LCCの場合毛布は有料の場合もあるのです。

 

CAさんの忙しいタイミングなども理解しているので、毛布は頼みにくいですしね。

それに窓側の座席だと、何度も自由にトイレに行けなくないですか?

隣の人に一声かけてトイレにいくのは、日本人は一番気を使うのではないでしょうか?

 

収納棚から荷物を取りたいときに、気を遣うので諦めた経験はありませんか?

ファインは、ほぼ諦めるか、通路側の方がトイレに行った時に取り出します。

 

 

 

 

 

窓側座席からの景色窓側座席からの景色

 

最悪なのは、座席の配置が3列シートで真ん中の席です。

説明不要の席で、かなり辛くデメリットしかありません。

ちなみに、航空会社は一名のお客は空いてる隙間に入れようとする傾向にあります。

 

海外の方は大柄な方が多く、自分が真ん中で挟まれたら肘を置く場所もなく大変です。

彼らは、こちらの領域に両サイドから遠慮なく悪びれる様子もなく侵入してきます。

長時間のフライトでは、苦痛以外の表現のしようがありません。

 

もはや、逃げ道はありません。

機内で「Good grief」つぶやいている自分がいます。

訳:なんてことだ、やれやれだぜ、呆れている時、嫌だなと思う時

 

 

機内の座席選びに失敗すると、到着後ヘロヘロ状態で観光することになるのです。

全然寝られずに、ヘロヘロ状態の観光経験のある方もいるんじゃないでしょうか?

ヘロヘロ状態での観光は、その日は辛いだけで全然楽しくないですよね(笑)

 

ペルーのLCCペルーのLCC

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

最後の写真は、南米のLCCの機内です。

気がついた方はいらっしゃいますか?

飛行機内で犬を抱いているお客がいたのですよ。

 

ペットは、航空法では荷物扱いのはずなのですが・・・・・・・・・

なぜ機内に持ち込めたのか理由が知りたいΣ(・□・;)

機内で犬を見かけたのは初めてなので、驚きました。

旅行 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました