ハリウッドのドルビーシアター前の「黒人CD詐欺師」に騙された話 #7

ハリウッドの詐欺師海外旅行
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、旅ブロガーの「ファイン」です。

ロサンゼルスと言えば、「ハリウッド」を思い浮かべる人も多いでしょう。

日本人もたくさん訪れるハリウッドの観光地に公共交通機関を利用し行ってきました。

 

 

ということで、今回はインスタ映えスポット豊富なロサンゼルスについて語ります。

 

ドルビーシアター:Dolby Theatre

映画好きの方は、間違いなくここを訪れます。

アカデミー賞の授賞式が行われる「ドルビーシアター」です。

スター達の名前が星型に記された「Walk of Fame(ウォークオブフェイム)」

美しい装飾の映画館「TCLチャイニーズシアター」

 

など見どころが沢山あります。

最寄り駅:レッドラインHollywood/Highland駅

 

 

ここで注意点がひとつ、いやふたつ!

 

注意点1

色々なコスプレを来た人たちが一緒に記念写真を撮ろうと寄ってきます。

バッドマン、スパイダーマン、ジャックスパロウ、チューバッカ、等色々います。

しかし、写真撮影後、多額のチップ(20ドル以上)を請求してくるのです。

 

バットマンのコスプレを着たモデルバットマンのコスプレを着たモデル

 

写真一枚で2,000円以上って、ぼったくるにもほどがある。

 

注意点2

ストリートミュージシャンが「TCLチャイニーズシアター」前でCDを配っています。

疑念しかないファインは、無料を何度も確認しCDを受け取ると名前を聞かれます。

素直に答えると、そのCDにファインの名前を書き始めました。

 

ミュージシャン「はい、50ドル」

心の声:出たよ、出ちゃったよ~、ザッケンナコラー!

俺「さっき、無料って確認したじゃん」

ミュージシャン「CDは無料だよ」

「だけど名前入りCDは世界にひとつしかないから有料なんだ」

ファイン:「No way」  訳:ありえない、絶対だめだ、とんでもない、いやだ、無理

 

頭に来たので詐欺師の写真を撮ってやりました。

ファインをだました詐欺師は、女性に話しかけている黒人です!

 

黒人のCD詐欺師黒人のCD詐欺師

 

黄色いシャツのおじさんは人を騙すのをやめろ、と注意してます

 

 

美男美女だらけ:Beautiful men and women

「アンジェリーナ・ジョリー」のような美女はスクリーンの中だけと思っていました。

「トム・クルーズ」は、現実世界では出会うことはないと思っていました。

しかし、ここでは美男美女だらけ!

 

ルックスやスタイルでは、彼らに負けていないモデルや俳優の卵も普通に歩いてます。

アカデミー賞授賞式は、2月の最終週か3月1週目にあります(交通規制あり)

日本の卒業旅行シーズンなので、興味ある方は、生でスーパースターが観れるチャンス!

 

 

メルローズ通り:Melrose Ave

女性が喜びそうなストリートが「メルローズ通り」です。

インスタ映えスポットがたくさんあるので時間が経つのを忘れちゃう場所ですね。

 

メルローズ通りの壁画①メルローズ通りの壁画①

 

 

メルローズ通りの壁画②メルローズ通りの壁画②

 

 

アクセス

<ハリウッドハイランド駅からメルローズへ行く方法>

Hollywood Blvd.とHighland Ave.の角よりメトロ・バス#212乗車。

所要時間:約15分~20分(#312でも行けるとの噂があるが未確認です、ごめんなさい

 

La Brea Ave.とMelrose Ave.の角で下車します。

降車バス停:「ラ・ブレア メルローズ」

 

 

 

<ダウンタウンからメルローズへ行く方法>

Hill St.と7th St.の角よりメトロ・バス#10(北方向)乗車

Melrose Ave.とLa Brea Ave.の角で下車

降車バス停:「ラ・ブレア メルローズ」

 

・ポールスミス

 

・MADE IN LA

 

・天使の羽

上記3か所は、人がたくさんいるのですぐ見つかります

 

但し、時間帯により写真撮影の順番待ちがあります。

 

メルローズ通りの壁画③メルローズ通りの壁画③

 

メルローズ通りの壁画④メルローズ通りの壁画④

 

※ちなみにバンクシーの作品は別の絵に変わっていますのでご注意下さい!

 

 

グルメ編

お勧めグルメ1

一度は足を運ぶ価値のある行列必死の人気店「ピンクス」です。

写真の行列は激しく見えるけどメルローズアベニューの「ピンクス」は、回転率が早いです。

 

 

「ハンバーガー」や「ブリトー」もありますが、人気メニューはやはりホットドッグ

個人的には、定番のスパイシーなチリドッグがおすすめです!

 

ピンクス「メルローズアベニュー店」ピンクス「メルローズアベニュー店」

 

 

お勧めグルメ2

「In-N-OUT BURGER」

広大なアメリカ合衆国でも「カリフォルニア州」と「ネバタ州」にしかありません。

 

IN-N-OUT BURGERIN-N-OUT BURGER

 

 

 

お勧めグルメ3

ザ オリジナル パントリー カフェ:The Original Pantry Cafe

旅猿をテレビで観たことある人はいますか?

東野さん、岡村さん、出川さんが朝食を食べに来ていたお店です。

 

昼間は、上記で紹介したピンクスに負けないくらい行列ができるほどの人気店です。

このお店は、アメリカなのになんとクレジットカードが使えないのです。

「JCB」とか「VISA」とかいう問題ではなく、現金のみです。

 

このお店を「りのさん」がユーチューブにアップしています。

ロサンゼルスの超有名ローカルカフェで朝食 – YouTube

お店の雰囲気がわかりやすい動画ですね。

 

食事は、ザ・アメリカ  っていう感じのレストランです。

 

最寄り駅:MTRレッドライン/パープルライン7TH/Metro Centerから徒歩10分

 

 

グリフィス天文台:Griffith Observatory

ここは夜景観賞で有名な 自称世界一のプラネタリウム です。

営業時間:12:00~22:00

定休日:月曜日

料金:大人7$

 

グリフィス天文台グリフィス天文台

 

<アクセス>

最寄り駅:レッドラインthe Vermont/Sunset ヴァーモント/サンセット駅

ヴァ―モント/サンセット駅出口の近くにDASHという路線バスのバス停があります。

ノース・ヴァーモント通り沿いです。 (North Vermont Avenue)

サンセット通り (Sunset Boulevard) の交差点近く。

 

バス停は、グリフィス天文台の絵が描かれた看板があります。

必ず「DASH Observatoryで終点まで乗車してください。

運行間隔:約25分

運行時間:平日は12時、土日は10時~22:00頃

乗車料金:50セント(TAPカードを使用すると、割引価格で¢35)

乗車時間:約25分

 

 

 

ハリウッドサイン:Hollywood sign

一文字の高さ13mのロサンゼルスの代表的なシンボルです。

 

アクセス

最寄り駅:ハリウッドバイン駅

Hollwood通りとVine通りの交差点にある路線バス「DASH/LADOT」の停留所へ。

「DASH/LADOT」の停留所から「Beachwood Canyon行き」バス乗車。

終点の「Hollywoodland」下車。

 

ハイキングの入り口まで、約3km!

途中にコンビニ以上スーパー以下の規模の店が1つあります。

登り始めたら住宅街なので水も食料も入手不可能です。

 

ハリウッドサインハリウッドサイン

 

ハイキング入口から最初の1.5㎞ほどは強めの傾斜です。

ハイキングを始めて20分ほどで中腹絶景ポイントに到着します。

この中腹ポイントで写真を撮って引き返す人もいます。

 

所要時間:約1時間

 

ハイキング中、ときどき木製の「Mt.Lee」の看板があります。

 

 

ハイキング中に「う〇こが多いなぁ」と思ったのですが、途中で理由がわかりました。

Sunset Ranch Hollywoodという牧場から、馬に乗って行くツアーがあるのです。

料金:1時間コース40ドル、2時間コース60ドル

 

ハリウッドサインへ向かう「乗馬ツアー」ハリウッドサインへ向かう「乗馬ツアー」

                          

 

 

 

ここがハリウッドサインの裏側です。

ハリウッドサインの裏側ハリウッドサインの裏側

 

 

この写真はハリウッドサインを後ろから撮ったものです。

小さく「Back of Hollywood sign」と書かれています。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

追伸

せっかくのアメリカ旅行は、安く、快適に、騙されずに、LAを楽しんでください。

お勧めグルメ3で紹介したりのさんは、ブログも書いています。

これから海外に出ようとする女子のバッグパッカーには参考になると思います。

記事も面白くて、ぐいぐい引き込まれますよ。

海外旅行 USA
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました