日本からの移動方法と「シェムリアップ国際空港」からの市内移動について#138

カンボジアの移動手段「トゥクトゥク」Cambodia
この記事は約6分で読めます。

スォスディ、旅ブロガーのファインです。

今回から、カンボジア編が始まります。

カンボジアの首都は「プノンペン」です。

ファインが訪れた時、日本人姉妹が襲われて姉が妹の前で殺される事件がありました。

貴重品をひったくられた姉が、犯人に大声で叫んだため犯人が戻り撃たれたのです。

だから予定していた「プノンペン」を回避し、「シェムリアップ」のみ観光しました。

 

 

 

ということで、今回は国土の30%がジャングルの「カンボジア」について語ります。

 

 

 

アライバルビザ:Arrival Visa

カンボジアは入国の際に、観光目的でもビザが必要な国です。

現状は観光ビザが停止している状態なので、ビジネスビザのみとなります。

今カンボジアに行く場合は、2000$のデポジットとビジネスビザが必要になります。

もちろん出発の72時間前のPCR検査陰性証明書は必要です。

 

<観光目的のビザ>

ビザ取得が面倒だと思う人もいますが「アライバルビザ」が取得できるので簡単です。

アライバル・ビザとは、入国に必要なビザをその国に到着してから取得するシステムです。

空路で入国する場合は機内で配布される入出国カードに必要事項を記入するだけです。

 

30日以内の観光シングルビザ:30ドル

タイから陸路で入国の場合は、タイバーツでの支払いを求められます。

 

 

 

日本からのカンボジアへの直行便

<プノンペン>

航空会社:ANA

運行時間:往路/約7時間   復路/約5時間40分

運賃を安く抑えたいなら、中国経由や韓国経由・ベトナム経由便等があります。

 

<シェムリアップ>

航空会社:スカイアンコール航空

無名の航空会社だからLCCかと思いきや、なんとフルサービスキャリアなのです。

カンボジアでは、2位か3位争いをしている知名度のある航空会社です。

運行時間:往路/約7時間  復路/約6時間

経由便は、ベトナム経由、タイ経由、シンガポール経由、香港経由、中国経由等

復数の航空会社が運航しています。

往復相場は4万円台~6万円台ですが、LCCやキャンペーンを利用すれば更に安く行けますよ。

 

 

 

シェムリアップ国際空港から市内移動

市内中心部までの距離:約8km

所要時間:約20分

<4つのアクセス方法>

①タクシー(定員4名)

②ミニバン(定員7名)

③トゥクトゥク(定員4名)

④バイクタクシー(定員1名)

コンパクトな空港の到着ロビーを出たら窓口があり、4種類の中から選択します。

 

運賃は時間帯により異なります。

<6:00~23:00>

CAR(タクシー):40,000R

MINI VAN(ハイエース):60,000R

REMORK(トゥクトゥク):36,000R

MOTOR(バイクタクシー):36,000R

 

<23:00~6:00>

CAR(タクシー):60,000R

MINI VAN(ハイエース):80,000R

REMORK(トゥクトゥク):56,000R

MOTOR(バイクタクシー):56,000R

 

 

 

※この窓口近辺で話しかけてくる白タクドライバーがかなり多くいます。

正規運賃より高額になる可能性が高いので、無視して窓口で購入しましょう。

空港敷地外でトゥクトゥクを見つけることが出来れば、そちらの方が安く行けます。

 

どの種類の移動手段を利用しても、ドライバーから翌日の予定を聞かれるでしょう。

シェムリアップに到着した観光客はほぼ「アンコールワット観光」と答えますよね。

すると「俺を1日チャーターで雇ってくれ」と言ってきます。

市内には、たくさんのドライバーがいるのでここで約束しなくてもいいかな、と思います。

 

 

シェムリアップのバイクタクシーシェムリアップのバイクタクシー

 

※シェムリアップでは、バイクの4人乗りは普通です。

バイクタクシーを利用するときは、ヘルメットなしでも問題ありません。

安全のためにヘルメットを希望すれば貸してくれますが、ファインは利用しません。

なぜなら、ヘルメットからは我慢できないほどのかなり酸っぱい匂いがするのです。

衛生面と安全を天秤にかけて悩みましたが、20分は我慢できませんでした。

 

 

配車アプリ

海外旅行でファインがお勧めする配車アプリです。

Grabはカンボジアの首都プノンペンとシェムリアップの2都市のみ利用可能です。

カンボジア国内では「PassApp」という配車アプリがあります。

しかし、現金決済なので降車時に値段交渉が必要で配車アプリの長所はありません。

プノンペンとシェムリアップのみ滞在するのならGrabだけで充分でしょう。

 

 

 

シェムリアップの移動方法

①レンタル自転車

料金:1日5ドル

安いけどブレーキがきかないなどメンテナンスが悪いのできちんとした自転車を選びましょう。

シェムリアップのゲストハウスでは、ボロい自転車を貸してくれるところも多いですよ。

炎天下でサイクリングする体力がある人にはオススメの移動手段です。

 

 

シェムリアップのレンタル自転車シェムリアップのレンタル自転車

 

②レンタルバイク(Green E-Bike)

料金:1日10ドル

時速は35キロくらいなので女性や体力に自信がない人にはオススメです。

満タンに充電されていれば、走行距離で60kmは走ります。

万一バッテリー切れになったとしても、充電するところはいくつかありますよ。

閉店時間:21時

※1時間の延長ごとに1ドルがかかります。

レンタルするときにデポジットとしてパスポートを預けなければなりません。

 

 

 

③トゥクトゥク

料金:1日20ドル

たくさんのトゥクトゥクが街中にいるので、バイクの運転に自信がない人向けです。

アンコールワットでの待ち合わせ場所や時間などで気を使うのでオススメはしません。

自由度も減るし値段交渉も面倒で、正直あまりドライバーが信用できないのです。

 

 

※ひとり旅なのでタクシーチャーターは割愛します。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

今回紹介したシェムリアップの移動方法は、いかがでしたでしょうか?

シェムリアップの沿道でパラソルの下で液体を売っている人がいます。

ウイスキーなどのガラスの瓶で、バイクタクシーやトゥクトゥクの燃料となる液体です。

瓶のサイズ:700ml   750ml   1000ml

ガソリン代相場:1本/1ドル≒4000R

Cambodia 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました