独断と偏見で選んだ「地震大国メキシコの定番観光地巡り7選」 #19

メキシコシティの「ソカロ広場」Mexico
この記事は約8分で読めます。

皆さんブエナスタルデス、旅ブロガーの「ファイン」です。

メキシコシティには、定番と言われている観光名所が沢山あります。

メキシコは、食べ物が美味しいので食べながら観光名所巡りをするのも楽しいですよ。

 

ということで、今回は、メキシコシティの定番観光地について語ります。

 

 

メキシコシティ歴史地区:Mexico City Historic District

ソカロ広場:Zocalo Square

メキシコの政治的・宗教的な中心地で世界遺産にも登録されています。

ソカロ広場は、アステカ帝国の神殿があった場所です。

 

正方形の中央広場は240㎡(世界最大級の面積)

その広場の周囲に、メトロポリタン大聖堂や国立宮殿などが立ち並びます。

 

夜のメトロポリタン大聖堂夜のメトロポリタン大聖堂

 

最寄り駅:地下鉄 ソカロ駅徒歩1分

 

メトロポリタン大聖堂:Catedral Metropolitana de la Asunción de María

ソカロ広場にどど~んと建っているアメリカ大陸最大の大聖堂です。

別名「聖母の被昇天」とも呼ばれています。

隣に立っているSagrarioも中で繋がっているので見学することができます。

Sagrario=礼拝堂

 

メトロポリタン大聖堂とSagrarioメトロポリタン大聖堂とSagrario

 

この大聖堂は、1500年代に建設が始まり約300年後に完成しました。

カテドラルの中に入ると、地盤沈下の影響で傾いているのがわかります。

関係者の間では「安全対策を考えなければならない」との声が高まっています。

 

 

 

 

アステカ文明:Aztec civilization

 

1400年代にここメキシコ中央部に栄えた国家です。

1500年代にスペイン人がやってきて、アステカを征服し滅ぼした歴史があります。

スペイン人は、アステカ文明最大の都市の真上に自分たちの都市を築いたのです。

 

 

テンプロ・マヨール:Templo Mayor

テンプロ・マヨールは、アステカ文明の中心にあった巨大な神殿です。

 

 

メキシコシティでは、1978年以降に大規模な発掘が行われました。

この発掘は、電気力会社の作業員が仕事中に偶然発見したものでした。

この偶然の発見がなければ、大規模な発掘調査にならなかったと言われております。

 

その構造や建築過程が明らかになり大量のの遺物が発見されました。

現在の「テンプロ・マヨール」はアステカの偉大さを象徴する建造物になっています。

「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」の世界遺産の一部となっています。

 

テンプロ・マヨールテンプロ・マヨール

 

最寄り駅:地下鉄 ソカロ駅 徒歩3分

営業時間:9時から17時

定休日:毎週月曜日

 

 

 

ベジャス・アルテス宮殿(メキシコ国立芸術院):Palacio de Bellas Artes

 

アステカ帝国を征服した、幾何学的なデザインが特徴の美しい宮殿です。

宮殿という名前がついていますが、現在はオペラハウスとなっています。

メキシコシティは、地盤沈下が進んでいることでも広く知られています。

この「ベジャス・アルテス宮殿」も例外なく毎年数センチ沈んでいるそうです。

 

建物内部には、メキシコ芸術界の巨匠と呼ばれる人たちの壁画が数多く残っています。

宮殿の正面階段周辺を覆い尽くす壁画「十字路の人物(Man at the Crossroads)」

は、現代メキシコ芸術の巨匠と言われるディエゴ・リベラの最高傑作です。

 

ファインが観に行った時は、集会?デモ?をやっていて、物々しい雰囲気でした。

この写真でデモの様子がわかるでしょうか?

ベジャス・アルテス宮殿ベジャス・アルテス宮殿

 

最寄り駅:地下鉄ベジャス・アルテス駅

 

 

シウダデラ市場:Mercado de la Ciudadela

メキシコの民芸品が揃う、観光客に大人気の市場です。

ファインも、ここで写真のお土産を購入しました。

 

ガイコツのキーホルダーガイコツのキーホルダー

 

200以上の店が所狭しと並んでいます。

メキシコシティーで、民芸品の品揃えは おそらく1番でしょう!

ちなみに周辺の風景が似ているので、方向音痴の人は迷子になる可能性が高いです。

 

 

 

アクセス

最寄り駅:地下鉄3号線フアレス駅 徒歩約5分

最寄り駅:地下鉄1、3号線バルデラス駅 徒歩約5分

 

バルデラス通りで黄色い大きな壁が見えたら、それが「シウダデラ市場」です。

ガイコツやキリストがモチーフとなった雑貨などがたくさんあります。

 

市場の規模、商品の値段、雰囲気、買い物のしやすさは他の市場よりもワンランク上です。

 

スリが多いですが、他の市場やお土産屋さんに複数ヶ所行くならここだけで十分です。

 

メキシコ国旗と唐辛子メキシコ国旗と唐辛子

 

ルチャ・リブレの会場で「マスクを買い忘れた」と後悔している人は安心して下さい。

シウダデラ市場でも、ルチャリブレのマスクは買うことが出来ます。

食事に関しては、観光客価格で他の市場より少々お高めです。

 

 

Mercado San Juan :サン・ファン市場

食材を買うならここで決まりです。

但し、グロテスクなものが苦手な人にはお勧めできません。

なぜなら、店先に動物の顔がリアルにぶら下がっているからです。

 

鳥などもたくさん並んでいます。

野菜やフルーツなども充実しています。

ファインはお酒が飲めないけど、ワインなども美味しいと評判の市場です。

 

潔癖症の人は、苦手かもしれませんがこの市場は一見の価値ありますよ。

日本では食べたことなかったけど、サボテンも大量に売られています。

肉と一緒に炒めて味付けすれば、アロエみたいで美味しいかったですよ。

 

海外のメルカドって、なんであんなに楽しいのでしょうか?

 

最寄り駅:地下鉄ベジャス・アルテス駅

 

メキシコシティ中央郵便局:パラシオ・ポスタル

世界一美しい郵便局と言われおり、現役の郵便局として営業しています。

メキシコシティの歴史地区にあり、豪華な内装は必見。

 

ベジャス・アルテス宮殿の建築も行ったイタリア建築家アダモ・ボアリ氏が担当しました。

 

メキシコシティ中央郵便局メキシコシティ中央郵便局

 

メキシコシティ中央郵便局②メキシコシティ中央郵便局②

 

 

アクセス

最寄り駅: 地下鉄2・8号線べジャスアルテス駅

ソカロ広場からも歩いて行ける距離で、実際、ファインは歩いてたどり着きました。

 

メキシコシティ中央郵便局③メキシコシティ中央郵便局③

 

メキシコシティ中央郵便局④メキシコシティ中央郵便局④

 

外観は、まったくと言っていいほど普通の建物で1度素通りしてしまいました。

でも、中に入るとご覧の通りです。

 

切手を購入できる自動販売機も設置されているのは、日本では見たことないですね。

 

 

アラメダ公園 :Plaza Alameda

ソカロ広場よりも何倍も広い緑豊かな公園で市民の憩いの場となってます。

ソナロサとソカロの間にあります。

 

昼間は治安がいいし、週末になると家族連れもたくさんいます。

ストリートミュージシャン、大道芸人、それに露店もたくさん出ています。

ファインは昼間しか行っていないのですが、夜は噂では治安が悪くなるらしいです。

 

イダルゴ大通りイダルゴ大通り

 

この写真の奥に見えるのが、ラテンアメリカタワーです。

わかるかなぁ?

 

実際に夜景は観てないですが、ここからの夜景は、メキシコシティNo.1らしいです。

東京でいう、「東京タワー」みたいな存在ですね。

 

アラメダ公園アラメダ公園

 

 

ベニート・フアレス記念碑:Monument to Benito Juarez

アラメダ公園の南側にあります。

メキシコで唯一のインディオ出身の大統領です。

 

「近代メキシコの父」とも呼ばれる人物で、お気づきの方もいるでしょう。

ベニート・フアレス国際空港の名前となったお方です。

 

ベニート・フアレス記念碑ベニート・フアレス記念碑

 

正式名称は、「ベニート・パブロ・フアレス・ガルシア(Benito Pablo Juárez García)です。

フアレスは最も偉大で敬愛されるメキシコの指導者と言われております。

 

建国の父と称えられており、メキシコに行った方は一度は観たことあるはずです。

20ペソ紙幣の肖像が「ベニート・パブロ・フアレス・ガルシア」なのです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

追伸

今回紹介したところは、頑張ればすべて歩いて行けます。

メキシコシティ観光の街並みを楽しみながら散歩できますよ。

 

大道芸人やミュージシャンが頑張っている姿を見ると、ついチップを入れちゃうんですよね。

今回は、サンフェルナンド館にいた日本人と一緒に歩いて回りました。

一人で見る観光名所もいいけど、複数人で見る観光もたまにはいいものですね。

Mexico 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました