タイ第3の都市「ハジャイ」に立ち寄ってみました  #101

ハジャイ名物「フライドチキン}Thailand
この記事は約6分で読めます。

皆さんサワディークラッㇷ゚、旅ブロガーの「ファイン」です。

「ハジャイ」は日本人にはあまり馴染みがない都市ではないでしょうか?

「ハジャイ」もしくは「 ハートヤイ」と呼ばれているタイ第三の都市。

英語表記では「Hat Yai」と書きますがここでは「ハジャイ」に統一してお話しします。

 

今回は、マレーシアに移動中に立ち寄ってみました。

 

ハジャイとは?

 

マレーシアと隣接しているので、マレー系の人種が多い印象を受けるでしょう。

ただ華僑が作った街なので看板などからもわかるように中華系も多いです。

勿論、タイ国なのでタイ人もたくさんいます。

タイ系、マレー系、中華系が入り混じった街がハジャイなのです。

 

ハジャイ名物といえば「フライドチキン」

本当に美味いですよ!

 

アクセス

バンコクから約950km

 

バス移動

バンコクのサイタイマイ/南バスターミナルからの所要時間:14時間~15時間

運賃:ファーストクラスバスは800B  VIPクラスバスは1100B

 

ハジャイのバスターミナルは2つ

▼ボーコーソーバスターミナル(第1バスターミナル)市内から3km

▼タラートカセットバスターミナルTalad kaset(第2バスターミナル)市内から6km

 

※タラートカセットバスターミナルはタイ人利用がメインなので英語が通じません。

 

バスターミナルからの移動方法

<ソンテウ(乗り合いトラック)>

ボーコーソーバスターミナル→BIGC→市内→タラートカセットバスターミナル→空港

運賃:20THB(外国人だと5倍から10倍の運賃を提示してくる可能性があります)

所要時間:約20分

 

<トゥクトゥク>

ボーコーソーバスターミナル→市内

運賃:100B

ボーコーソーバスターミナル→タラートカセットバスターミナル

運賃:150B

 

 

タイ国鉄(SRT)

ファランポーン駅⇒ハジャイ駅

1日3便

所要時間:約16時間

タイ国鉄では遅延は普通にあるので所要時間はかなりざっくりな数字です

 

1等個室寝台(運賃:上段1594B 下段1794B)

2等寝台(運賃:上段1005B 下段1105B)

3等(外国人は売ってもらえない可能性があります/運賃:350B)

 

※2等寝台で過去にレイプ殺害事件がありました。

ご利用の際は自己判断でお願いします。

 

※ハジャイ駅に待ち構えているタクシーやソンテウはぼったくりの可能性が高いです。

 

 

 

飛行機

ドンムアン空港⇒ハジャイ空港

1日9便

所要時間:90分

運賃:ざっくり数千円程度で時期により変動します。

「ノック・エア」などのLCCを利用すれば、鉄道の寝台よりも安く早く移動できます。

 

ハジャイ空港から市中心部まで約14km

 

移動方法は4つ

<ソンテウ>

運賃:20B(空港を出て2分歩いた駐車場の先に待機しています/所要時間:40分)

<ロットゥー>

運賃:100B(乗客が揃うまで待つのが難点/所要時間:25分~45分)

<タクシー>

運賃:300B(空港内に呼び込みのお姉さんが沢山います/所要時間:25分)

<ミニバス>

運賃:60B(24人乗りのマイクロバス)

営業時間:7時~21時(空港→市内)

所要時間:約35分

※空港を出たら赤い看板の「Mini Bus」という小屋でチケットを購入します。

 

 

治安

外務省からレベル2「不要不急の渡航は止めてください」の注意勧告が出ている地域です。

 

テロ

爆弾テロが時々起きている地域で、治安がいいとは言えません。

昔はブラジルがゴム生産で有名でしたが、現在はタイのソンクラ県が一大生産地です。

 

陸の孤島マナウスで屋台グルメを食べまくる #47 | 元添乗員のひとり旅

 

ハジャイは、このソンクラ県に位置しています。

ゴムで成り立っている地域なので、ゴム相場により誘拐事件も頻繁に起きるのです。

 

街歩きをしていたら軍服姿をよく見かけるでしょう。

軍人のみなさんは、ライフルを肩からぶら下げているので治安の悪さを感じます。

 

 

 

旅社

ハジャイ駅近辺に「旅社」の看板を沢山をよく見かけます。

これは「ホテル」の意味です。

安宿が沢山ありますが、外国人からぼったくる情報があるので要注意。

 

 

ワット・ハットヤイ(Wat Hat Yai Noi)

ハジャイ唯一の観光地でしょう。

特大サイズの涅槃仏/全長35m、高さ15m、幅10mが有名です。

野良犬と鳩のフンが沢山あって汚いので期待するとがっかりします。

背中の方から中に入れますが、お土産屋さんしかありません。

ハジャイ中心部から3Km程度なので、歩いても行けないことはないですね。

 

 

 

Hat yai Municipalpark

ハジャイ郊外にあります。

山頂にはケーブルカーで行くことが出来ます。

ケーブルカー:往復200B

所要時間:約5分

 

プラモンコン・マハラート

黄金の大きなお釈迦様がいて、ハジャイの眺望を楽しみたい方はここに行きましょう。

 

 

 

Kim yong market

駅から近いので電車の待ち時間に覗いてみる程度で十分です。

ドライフルーツは日本人感覚でもかなりいい値段がします。

 

ナッツ系も高いです。

ピーナッツは千葉の八街産には劣りますが、美味しかったですよ。

営業時間:6時00分~18時00分

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

ハジャイは、特にこれといって観光するものがありません。

マレーシアへ移動するときに立ち寄る程度でいいと思います。

カラフルな建物が多いので治安がよければインスタ映えすると紹介したい街です。

寝台列車を経験してみたいと思う人は1泊くらい立ち寄ってみてもでいいでしょう。

Thailand
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました