サンパウロからフォスドイグアスへ  移動方法解説  #42

チエテ長距離バスターミナルBrazil
この記事は約8分で読めます。

皆さんBoa tarde、旅ブロガーの「ファイン」です。

皆さんは、海外旅行の移動するときは何を優先しますか?

・時間

・価格

・安全

・快適

その人の旅のスタイルによって色々あります。

 

今回は、サンパウロからフォス・ド・イグアスへ移動した時のお話をします。

 

アクセス方法:サンパウロ~フォスドイグアス

飛行機移動(4社)

・LATAM航空

・アビアンカブラジル航空

・アズールブラジル航空

・ゴル航空

 

料金:1万円~2万円(季節や時間帯により変動します。LCCの場合荷物や燃油サーチャージにより料金は変動します)

所要時間:約1時間50分(直行便)

距離:約1000km

 

ブラジルの代表的なLCCゴル航空ブラジルの代表的なLCCゴル航空

 

バス移動

前回お話しした「SPフリーウォーキングツアー」の解散場所がSao Bento駅だったのです。

 

解散後、中央市場(Mercado Municipal de Sao Paulo)に食事に行ったのです。

食事帰りに、Sao Bento駅へ向かう途中にしょぼい駐車場を通りました。

舗装されていない、雰囲気の良くない砂利の駐車場です。(夜は通りたくない雰囲気です)

 

そこに、バスが数台止まっているのです。

んっ?

どこ行きのバスだろう?長距離バスにしては、あまり綺麗ではない感じです。

 

スマホの翻訳機能を使っておじちゃんに質問したら、「あの女性に聞け」とのこと。

指示通り、そのおばちゃんに同じようにスマホで質問してみました。

「フォスドイグアス行きだよ」

 

「えっ」

「ちなみにいくらですか?何時出発の何時到着予定でしょうか?」

「平日は17時出発、だいたい13時間から14時間くらいかかるよ」

「運賃は100レアルだ」(安い)

 

バスの中をちらりと拝見。

むむっ、客層がちょっと微妙です。(油断できない感じの方々が乗車していました)

1晩考えます。

 

バス会社:Rota Iguaçu社

宿に戻り詳細確認してみると目的地から6キロくらい離れたところに到着するらしい。

 

ファインがフォスドイグアスを訪れたときは、UBERの利用が微妙な状況でした。

少々の料金の違いで、危険を冒したくないとの判断でRota Iguaçu社の利用を避けました。

現在は、フォスドイグアスでもUBERが使えるようです。(UBERが利用できるなら利用するかもしれません)

 

 

フォスドイグアスで知り合った日本人は、このバスを利用したらしいです。

全く問題なかったと言っていましたので、安いので次回は利用してみようかな。

このバス会社は、90レアルから130レアルくらいで乗れるみたいですね。

 

<チエテ長距離バスターミナル>

殆どの方が、バス移動の時にお世話になる広~いバスターミナルです。

チエテ長距離バスターミナルは凄く広いからもちろん人も多いです。

ということは、スリも多いということ。

 

 

「Portuguesa Tietê駅」と直結しているのでアクセスはとても便利です。

24時間発着しており、カフェやショップなどもたくさんあります。

ここでは、ブラジル唯一のブランドで本物の「havaianas」のサンダルが売っています。

※ハワイアナスと読みます。

 

ブラジル唯一のブランド「havaianas」のサンダルブラジル唯一のブランド「havaianas」のサンダル

 

ちなみに、街中に露店などで安く売っている「havaianas」は偽物ですからね。

本物は、やや高いけど作りがしっかりしているので長時間履いていても疲れません。

ここで数セット購入し、日本でもしっかり愛用させてもらっています。

 

チエテバスターミナル発フォスドイグアス行きのバスチエテバスターミナル発フォスドイグアス行きのバス

 

移動中の景色も楽しみたい方は、長距離バスは2階の最前列を選択することがお勧めです。

今回も狙い通り、2階右側の最前列をゲットしました。

運賃は、140レアルなので高くもなく安くもなくといったところでしょうか。

 

途中からおばあさんバックパッカーが乗ってきました。(おそらく70代くらいでしょう)

70代の女性が夜行バスを利用し、一人旅をしているんですよ。

ブラジルの高齢者は元気ですね。

 

70代のおばあちゃんバックパッカーイメージ

 

出発してしばらくすると、1つ目の停車場で少女と母親らしき人が乗車してきました。

見た感じ小学校1年生か2年生くらいでしょうか?

 

小学校1年生か2年生くらいの女の子イメージ  

 

映画のワンシーンみたいに、母親らしき人の胸で少女は号泣しています。

夜行バスに、少女一人で乗せるの?

日本人の感覚では驚くでしょう。(日本では見られない光景ですね)

 

母親は泣いている女の子を諭してバスを降り、出発まで見送りしていました。

驚くのはそのあとです。

今まで号泣していた少女は、バスが出発した瞬間に泣き止んでゲームを始めたんです。

 

えっ・・・・・母親と別れて悲しいんじゃないの?

号泣していたのは、寂しいからなんじゃないの?

おばあさんとファインの間に座った少女は何もなかったようにけろっとしていました。

 

女性は、子供のときから女優なのね(笑)

その後、ファインとおばあさんからお菓子を貰ったりして、快適そうでしたよ。

終点の一つ手前で、ファインに手を振って降りて行きました(笑)

 

その後、無事に長距離バスターミナルへ到着しました。

所要時間:14時間位(途中で数回お客を乗せたり降ろしたりして停車しました)

長距離バスターミナルは市内中心部から少々離れた場所にあります。

 

長距離バスターミナルから市街にある近距離バスターミナルへ移動が必要になります。

バス番号は120番。

料金:3.2レアル

 

ボスケ・グアラニ動物園:ゾーロヒコ・ボスケ・グアラニ

フォスドイグアスの近距離バスターミナル近くに動物園があります。

しかも、パラナ州で3番目の規模を誇るのに入場料が無料なんです。

バスの出発時間、到着時間の時間潰しに最適です。

 

バスターミナル近くのボスケ・グアラニ動物園ボスケ・グアラニ動物園

 

動物園面積4.5ヘクタールと言っても、イメージしにくいですよね。

ざっくり野球場と同じぐらいの広さです。

ファインの滞在時間は、1時間くらいでした。

 

 

 

近距離バスターミナル近くのゾーロヒコ・ボスケ・グアラニゾーロヒコ・ボスケ・グアラニ

 

林の中を散策する感じで、気持ち良かったですよ。

営業時間:月 14:00~17:00、火~日 9:00~17:00

 

Hostel Mandala

フォス・ド・イグアスで泊った宿です。

日本円に換算すると1泊700円くらいでしょう。

アフリカ人やフランス人、アルゼンチン人と仲良くなり一緒に出掛けたりしました。

 

バス停も近く、スーパーも近いですが、バスターミナルからは少し距離があります。

日本人も2割から3割くらいいて、一緒に夕飯をシェアしたりしました。

近所のスーパーで、食材を購入してみんなで割り勘すれば節約になります。

 

ブラジルは、物価が高いのでみんなで協力して旅をするのが楽しかったりします。

有料で洗濯をしてくれますが、催促しないとなかなか洗濯物を返してくれません。

なぜ、洗濯物を返してくれないのだろうと不思議に思っていました。

 

結論・・・・・・洗濯をしていなかったのです。(チェックイン初日に預けたのに)

ファインの衣服は、半分がこのホステルに干したままチェックアウトしました。

濡れた衣服をバッグに入れたくないのと、飛行機の時間ギリギリだったからです。

 

Tシャツなどを寄付しちゃいました。

プールはありますが汚くて利用でいませんので期待しないようにしましょう。

男女混合ドミトリーの2段ベットは、上段がギシギシ音がするので要注意です。

 

ロッカーはあるので、貴重品を宿に預けるよりはロッカーに南京錠をするほうが安心。

ゆるい感じのスタッフだから、貴重品の保管状況が信用できません。

こういうことは海外旅行ではよくあることなので、怒らないで諦めましょう。

 

ここまでよんでいただきありがとうございました。

 

追伸

ブラジルの代表的なスイーツはご存じですか?

フォスドイグアスだけでなく、サンパウロでもリオデジャネイロでも食べられます。

 

ブラジルの代表的スイーツ「アサイー」ブラジルの代表的スイーツ「アサイー」

 

アサイーは、ハワイのスイーツだと思っている人が多いのではないでしょうか?

実は、ブラジルのアマゾンを原産とするヤシ科の植物です。

生長すると25mの高さになり、細長い幹に大きな葉を生やし、黒紫色の実をつけます。

 

ブラジル国内では、どこでも売っています。

日本人には、量が多いので一人で食べきるには苦労すると思います。

南米では、「スーパーフード」と呼ばれ国民の美と健康の源になっています。

Brazil
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました