シンガポール政府観光局公認の7つの「マーライオン」とアクセス方法#128

世界3大がっかり名所の「マーライオン」Singapore
この記事は約6分で読めます。

スラマッ トゥンガハリ、旅ブロガーのファインです。

シンガポールの象徴と言えば、言わずもがな「マーライオン」ですね。

シンガポール観光では、絶対に外せないでしょう。

マーライオンは、頭がライオンで体が魚であるシンガポールの伝説(架空)の動物です。

マーライオンの母親は「マーライオンパーク」に、父親が「セントーサ島」にいます。

 

 

ということで、今回はシンガポールの「マーライオン」について語ります。

 

 

 

 

 

 

世界3大がっかり名所:The world’s three most disappointing sights

今回の主役「マーライオン」以外の2つはご存じでしょうか?

1つはベルギ―の首都ブリュッセルにある「小便小僧」です。

訪れるたびに衣装が変わっているので「世界一の衣装持ち」と言われています。

身長が55cmしかないので、初めて見る観光客はガッカリするみたいですね。

 

ブリュッセルの小便小僧ブリュッセルの小便小僧

 

もう一つが、デンマークの首都コペンハーゲンにある「人魚姫」です。

がっかりする理由の一つが「人魚姫」に足ひれがないことが挙げられます。

「これって、人魚じゃなくて人間じゃないの?」

というのが、多くの観光客の共通する感想みたいですね。

全長80センチしかないので、有名な割には小さかったと感じることも要因の一つです。

 

コペンハーゲンの人魚姫コペンハーゲンの人魚姫

 

 

マーライオン:Merlion

シンガポールのマーライオンは、「マーライオンパーク」にあります。

 

アクセス:Access

最寄り駅:MRT(地下鉄)「ラッフルズ・プレイス駅・Raffles Place」から徒歩約10分

緑色のイーストウエストライン

赤色のノースサウスライン

2路線が通っています。

 

大きい駅なので、初めての方はたどり着けるか不安になるでしょう。

しかし改札は1つしかないので、ここで間違うことはありません。

改札を出たら右折し、エスカレーターで「地下街」へ上がります。

 

実は、ラッフルズ・プレイス駅はショッピングセンターと繋がっているのです。

美味しそうな飲食店を横目に、「地下街」から「H」出口を目指してください。

看板通りに進み、「H」の出口から地上に出たら、川沿いの道を歩みます。

 

牛車の銅像がある「フラートンホテル」前で、撮影している人がいました。

有名な銅像なのでしょうか?

少し歩くとホテル入口の横に地下へ降りるエスカレーターがあります。

 

このエスカレーターは、マーライオンパークへ続く地下道になっています。

空港などで見かける動く歩道もある高級感漂う地下道です。

 

地下道を上がったら、正面に「マリーナベイサンズ」が突然現れます。

湾沿いを歩くと遠くに、マーライオンが見えています。

「H」出口から「マーライオンパーク」までの所要時間は約10分です。

 

人混みの多い公園に着いて、最初に目に飛び込んでくるのは小さなマーライオンです。

この高さ2mが世界3大がっかりの理由か~、と思ったら大間違い!

その先に、8.6mの大きなマーライオンが口ら水をはき続けています。

 

 

ベトナム編で紹介した「マードラゴン(Merdragon)像」そっくりです。

『人気急上昇中の観光都市』で一位になったレディー仏陀がある街ダナン! #87 | 元添乗員のひとり旅 (fineserviceagency.com)

 

 

 

観光局公認の7つのマーライオン:Merlion approved by the Singapore Tourism Board

①本家マーライオン:マーライオンパーク内にあります。

②本家の背後のミニマーライオン:本家マーライオンの後ろにあります。

③セントーサ島にある全長37mのマーライオンタワー

④シンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board)前にあるマーライオン

高さ:3m

最寄り駅:「ノースサウスラインのOrchard駅」徒歩15分

 

 

⑤マウントフェーバーにある高さ3mのマーライオン

最寄り駅:ハーバーフロント駅

トレイルコースMarang Trailを上った高台「マウントフェーバーパーク」にあります。

<トレッキングで汗をかきたくない方>

シンガポールケーブルカー:Mt. Faber Cable Car Station

ハーバーフロントからセントーサ島を結ぶロープウェイ

運賃:往復29S$(Mount Faber Line + Sentosa Lineは33S$)

営業時間:8:45〜22:00(最終搭乗21:30)

 

 

⑥アン・モ・キオ(Ang Mo Kio)公団団地にある双子のマーライオン

「Bishan-Ang Mo Kio Park」の対面に2体

最寄り駅:NorthSouth Line「Ang Mo Kio駅」徒歩約20分

 

 

※マーライオンタワーは、再開発計画に伴い、2019年10月で解体されちゃいました。

つまり、現在は6体といういことになります。

解体されたマーライオン解体されたマーライオン

 

 

その他のマーライオン:Other Merlion

以下の2つは像ではないので観光局非公認です。

 

<トイザらスにあるレゴブロックで作ったマーライオン>

製作時間:777時間

ブロック数:約13万4522個

重量:300kg

最寄り駅:MRTハーバーフロント駅

公認の⑤マウントフェーバーや⑥アン・モ・キオのマーライオンよりも凄いですよ♪

 

 

<ユニバーサルスタジオ・シンガポールにある派手なマーライオン>

アクセス:MRT(地下鉄)のノース・イースト線 or サークルライン線

「ハーバーフロント駅」下車

ビボシティ(VivoCity)3階「セントーサエクスプレス」乗り換え

「ウォーターフロント駅」下車

※ファインはユニバーサルスタジオに行っていないので情報だけお伝えしました。

シンガポールで知り合った人に写真を見せてもらったけど、なかなかカラフルでしたよ。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸

今回紹介したシンガポールのマーライオンは、いかがでしたでしょうか?

時間に余裕がある方は、全マーライオン制覇を狙ってみるのも楽しいかもしれません。

シンガポールのマーライオン伝説は1匹のライオンに由来しています。

 

シュリーヴィジャヤ王国の王子が狩りをしていると「1匹のライオン」に遭遇しました。

その島の名をサンスクリット語でライオンシティと名付けたのが始まりです。

Singha=ライオン

Pura=都市

Singha Pura(シンガプーラ)とは、シンガポールの語源とされています。

Singapore 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました