リスボン郊外のアクセス方法と世界文化遺産「シントラの文化的景観」について#67

レガレイラ宮殿と階段Portugal
この記事は約9分で読めます。

皆さんボアタールデ、旅ブロガーのファインです。

ポルトガルの魅力は、リスボン中心部だけではありません。

リスボン郊外にも、1995年に登録された魅力的な世界文化遺産があるのです。

1995年宮殿群や城跡を含むシントラの文化財は、

シントラの文化的景観」として、世界遺産に登録されています。

 

 

ということで、今回は「シントラの文化的景観」について語ります。

 

 

シントラ:Sintra

ユネスコの世界文化遺産に登録された「シントラの文化的景観」は主に4つあります。

 

▼シントラ宮殿

▼ぺーナ宮殿

▼ムーアの城跡

▼レガレイラ宮殿

 

 

アクセス:Access

首都のリスボンからリスボン近郊鉄道シントラ線の列車で移動します。

運行間隔:1時間に4本~6本

運賃:2.25€(リスボアカードがあれば無料)

 

 

Comboios de Portugal略してCPComboios de Portugal略してCP

 

 

シントラ周遊パス

Scotturb社が発行している「1日券パス」を購入すれば、4ヶ所を乗り放題なのでお得です。

リスボアカードを持っている人は「Bilhete Turístico Diário」の購入がお勧めです。

ファインはドライバーから購入できました。

料金:15€

 

 

リスボアカードを持っていない人は「Bihete Train & Bus」がお勧めです。

ロシオ駅2階で販売しています。

運賃:15.80€

 

<Bihete Train & Busが使える路線>

 

・リスボン中心部からシントラ駅、カスカイス駅の鉄道往復

 

・シントラ周遊バス(434番、435番)

 

・シントラ-ロカ岬、カラカイス-ロカ岬のバス(403番)

 

ロシオ駅出発し約40分後、アズレージョで美しく装飾されているシントラ駅へ到着です。

 

 

シントラ駅へ到着したら、歩いてへ向かう人とバスで移動する人に分かれます。

歩けなくもないけど1時間くらいかかります。

 

 

ぺーナ宮殿:Pena Palace

ファインは、バスを選択しました。

駅を出たら右方面に約100m歩きます。

 

シントラ周遊バスのバス停に「434番バス」が1台停車していました。

434番は「シントラ宮殿」「ぺーナ宮殿」「ムーアの城跡」を周遊します。

 

ちなみに、435番は「レガレイラ宮殿行き」です。(25分間隔)

ファインは時間がもったいないので、すぐに発車する434番のバスを選択しました。

 

この選択が正しかったです。

ぺーナ宮殿が一番混むらしいので、朝の人が少ない時に観た方がいいと教えられました。

 

乗車時間:約25分

多くの観光客が下車するので、すぐにわかると思います。

 

Pena Palace入口Pena Palace入口

 

入場料:14€

リスボアカードを提示したら10%割引してくれます。

 

入口から500mくらい坂を上ると門があります。

500mも歩きたくない人は往復バスがあるので、入場料と一緒に購入しましょう。

運賃:3€

 

Pena PalacePena Palace

 

あれっ、この門はどこかでみたことあるような・・・・

あっ、  似ている!

アルハンブラ宮殿の裁きの門をパクった・・・いやいや、参考にしたらしいです。

 

ぺーナ宮殿ぺーナ宮殿

 

入場したら後戻りできないエリアもあるので1つ1つ見逃さないように見学しましょう。

 

 

ムーアの城跡:Moorish Castle

「ペーナ宮殿」の見学を終えたら入口まで下ります。

バスを待つよりも「ムーア城跡」まで、徒歩10分弱なので歩いた方が早いです。

 

 

入場料:8€

共通券を購入していない場合は、ここで購入しましょう。

入口を入ってしばらく歩くとチケットの確認があります。

 

以下写真の万里の長城のような城跡が連なっています。

 

ムーア城跡ムーア城跡

 

入口から写真の所までの所要時間は、約30分です。

写真を撮ったりする時間も考慮して、滞在時間80分は必要でしょう。

 

 

 

シントラ宮殿:Sintra National Palace

「ムーアの城跡」見学後、バス停(Moorish Castle)まで戻り「434番バス」に乗車します。

「シントラ宮殿」は、レプブリカ広場(Pr. de Republica)で下車します。

 

リスボアカードを持っている場合、入場料が10%OFFです。

ポルトガル王室の夏の離宮はシントラの中心部にあり、駅までも歩いて行けます。

 

シントラ宮殿前レプブリカ広場シントラ宮殿前レプブリカ広場

 

立派です。

確かに立派なんですが、正直飽きました。

日本でも、名城と言われるお城はかなり観ました。(ファインには違いが判らないのです)

 

シントラ宮殿前レプブリカ広場②シントラ宮殿前レプブリカ広場②

 

ファインの感想としては、ヨーロッパのお城は皆同じに見えちゃうのです。

ファインにとっては、シントラに来たというだけで印象に残らない世界遺産でした。

 

 

シントラ宮殿入口シントラ宮殿入口

 

壁の「アズレージョ」も凄く立派だったし、これはあくまでファインの個人的印象です。

けっして、「シントラ」をディスっているわけではありません。

 

 

 

ケイジャーダ:Queijada

ポルトガルの代表的なチーズを使ったお菓子、つまりチーズタルトですね。

ポルトガルではどこでも食べられます。

 

ただ「シントラのケイジャーダ」は13世紀から作られているそうです。

歴史のあるケイジャーダは価値があるとの事でしたので食べちゃいました。

 

シントラで、有名なカフェが「ピリキータ・Piriquita 」です。

ケイジャーダ6個入り:4.50€

 

かなり美味しいですよ。

 

 

 

レガレイラ宮殿:Regaleira palace

シントラ宮殿の「Sintra National Palace」のバス停から435番バスに乗車します。

レガレイラ宮殿は「Regaleira palace」で下車します。

シントラ宮殿の広場から約770mの坂道を歩いて20分程度です。

 

なかなかバスが来なかったら歩いても移動できる距離なので体力と相談ですね。

レガレイラ宮殿は「世界不思議発見」でも紹介されました。

その影響か日本人は他の宮殿はパスして、レガレイラ宮殿をメインに来る人がいます。

 

レガレイラ宮殿レガレイラ宮殿

 

バス停を降りて道路沿いに坂道を少し登ると入口があります。

ここでチケットを購入します。

入場料:6€

 

リスボアカードを提示すれば、20%割引になります。

入場したら地図を頼りに宮殿内を見学しましょう。

 

レガレイラ宮殿は、山の斜面に建てられています。

案内標識がなく、地図は必ずチェックしましょう。(地図があっても迷います)

敷地は4ヘクタールと広いので、自分がどこにいるのかわからなくなります。

 

 

 

イニシエーションの井戸:Poco Iniciatico

レガレイラ宮殿の一番の人気スポットが「イニシエーションの井戸」です。

深さ:27m

ファインの第一印象は、「螺旋階段らせんかいだんがあるけど、これって井戸なのかな?」でした。

 

イニシエーションの井戸イニシエーションの井戸

 

井戸の底から地下通路があります。

閉所恐怖症の人はちょっと怖いかもしれません。

 

通路が枝分かれになっていて、方向音痴のファインはどっちが出口がわからなくなりました。

滝が流れているところが明るくなっていて、ほっ、とします。

 

井戸の地下通路出口井戸の地下通路出口

 

滝壺たきつぼに飛び石が並んでいます。

滝壺に落ちないように慎重に進むと地上へ出られます。

 

滝壺に並んでいる飛び石滝壺にならんでいる飛び石

 

ちなみに、飛び石をを渡るとき写真からもわかるようにつかまるものは何もありません。

 

レガレイラ宮殿内の門レガレイラ宮殿内の門

 

そのあとは、小さな塔があったり、

門があったり、西洋の遺跡が続きます。

 

守護者の門(Portal dos Guardiao)守護者の門(Portal dos Guardiao)

 

ちなみに、レガレイラ宮殿は「宇宙」をイメージして作られたらしいですよ。

 

レガレイラ宮殿内の像レガレイラ宮殿内の像

 

森の中に、洞窟や井戸、滝、池などがあり、

 

敷地敷地

 

アップダウンが激しく、道はいくつか分かれていて、本当に迷路です。

 

意味不明の塔意味不明の塔

 

また名もなき意味不明の塔があったりします。

 

塔

 

この塔に登ると遠くに「ムーアの城跡」が遠くに見えます。

 

礼拝堂礼拝堂

 

 

途中のレガレイラの泉で手を洗う観光客がたくさんいました。

飲んでる人もいたけど・・・・これっ飲めるのでしょうか?

 

 

「ラベンダー畑」「神々の散歩道」を通ると宮殿があります。

 

敷地外から撮影敷地の外から撮影

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

追伸

レガレイラ宮殿と訳されていますが、ポルトガル人に曰く、「庭園」だそうです。

今回紹介した4つの施設で、体力的に、時間的に、

どうしても1つ削らないといけない場合、ファインだったら「ムーアの城跡」かな。

Portugal 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました