フォス・ド・イグアスからアルゼンチン側の「イグアス国立公園」への移動方法#44

アルゼンチン通貨のペソArgentine
この記事は約7分で読めます。

皆さんボンヂア、旅ブロガーのファインです。

 

イグアスの滝について、ブラジル側とアルゼンチン側はどっちがいいの?

この話題をよく耳にします。

世界自然遺産に登録されたのは、アルゼンチン側がブラジル側より2年早かったです。

 

国立公園の敷地面積では、ブラジル側がアルゼンチン側の約3倍の大きさがあります。

現地で言われているのは、滝全体を見たいのならブラジル側がお勧めという事です。

近くで滝を観るならば、アルゼンチン側がお勧めと言われています。

 

ということで、今回はアルゼンチン側の「イグアスの滝国立公園」について語ります。

 

 

プエルト・イグアス:Puerto Iguazu

アルゼンチン側のイグアス国立公園へ行くには、拠点となる街を目指しましょう。

アルゼンチン側の拠点となる街は「プエルト・イグアス」です。

 

アクセス:Access

フォス・ド・イグアス市内中心部から近距離バスターミナルへ移動します。

但し、近距離バスターミナル(TTU)からアルゼンチン側へは出発しません。

「プエルト・イグアス」行バスは、バスターミナルの外側にバス停があります。

 

グーグル先生で「メン・デ・サー通り」の道路を検索してみましょう。

その時は、ネット環境が悪くメモ紙に「Argentine Puerto Iguazu」と書きました。

その辺にいる人に手あたり次第にその紙を見せ、バス停を教えてもらいました。

 

そのバス停の屋根には「LINHAS INTERNATIONAL」と書いてあります。

正面に「 Argentine Puerto Iguazu」 と書いてあるバスが来たら乗り込みましょう!

 

 

 

運賃

▼5ブラジルレアル

▼25アルゼンチンペソ

▼1.2USドル

 

運賃は運転手に直接払うのですが、お釣りがない場合が多いです。

※お釣りがあっても面倒なのでくれない場合が多いという事です。

 

 

ブラジル通貨ブラジル通貨

 

 

イミグレーション:immigration

 

ブラジル側のイミグレーションでの手続きは不要との情報をよく目にします。

これは、情報が古いかシステムが変更した可能性があります。

ブラジル人とアルゼンチン人以外は、必ずバスを降りて出国手続きをしましょう。

※ファインは、手続きせずにアルゼンチンに入国してしまいました。

 

「ブラジル側のイミグレーションで出国手続きをした場合、バスは待ってくれません」

との情報も多く目にします。

しかし、3人ほど出国手続きに降りましたが彼らが戻るまでバスは待っていましたよ。

 

手続きを終えた3人がバスに戻り、次は「アルゼンチン側のイミグレーション」です。

ここでは入国審査手続きのために全員下車します。

特に何も質問されることなく、入国スタンプを押してすぐに手続きは完了します。

 

バスは全員の手続きが終わるまで待っていてくれました。

イミグレーションから約18キロ先の「プエルト・イグアスバスターミナル」へ移動します。

 

 

 

RIO URUGUAY:リオ ウルグアイ社

イミグレーションを出発したら「プエルト・イグアスバスターミナル」へ到着します。

 

ここのバスターミナルで、「イグアス国立公園行き」のバスに乗りかえます。

「イグアス国立公園」へ行くバス会社は『RIO URUGUAY』

分かりずらいですが、「Log CATARATAS」がイグアス国立公園行のバスです。

 

 

『RIO URUGUAY社』のカウンターがバスターミナル内にあります。

クレジットカードも利用できるので、アルゼンチンペソへの両替は必要ありません。

 

ゲート番号:11番

運行時間:7:20〜19:20(時期により変更あり)

運行間隔:20分間隔

所要時間:約37分

 

 

ファインは、ずっと座って乗車できましたが座れない人も何人かいました。

南米ではお年寄りや体の不自由な人へ席を譲る行為は、日本よりも積極的です。

つまり、混雑している状況でお年寄りがいた場合は自然と立っていくことになります。

 

 

ブラジルへの帰路

アルゼンチン側の「イグアス国立公園」を満喫しらフォス・ド・イグアスへ戻ります。

復路は、往路と同じ『RIO URUGUAY社』のバスでバスターミナルまで乗車します。

一度来たので問題なく「プエルト・イグアスバスターミナル」で乗り換えます。

 

 

ブラジルの「フォス・ド・イグアス」行きのバスに乗り換え出発します。

約18キロ走ると、数時間前に来たアルゼンチン側のイミグレーションに到着です。

ここでは全員降りて出国手続きをします。

 

同じバスでブラジル側のイミグレーションまで行くので、バスは待っててくれます。

問題が起きるブラジル側のイミグレーションに到着です。

ドライバーがアナウンスしました。

 

「パスポートを持って手続きに行ってきて~」

 

 

バスの運転手バスの運転手

 

 

イミグレーショントラブル:imigration trouble

ブラジルのイミグレーションで係りの女性にパスポートを見せました。

「ブラジルに行くの?」

小さくうなずきます。

「なぜ、ブラジルの出国スタンプがないのですか?」

予想外の質問が飛んできました。

「えっ? なぜって、日帰りだから・・・」

担当した女性ではブラジルに入国させていいのか判断できなかったようです。

「上司を呼ぶからここで待って下さい」

との指示に立ち尽くすファイン。

 

そんな大袈裟なことになるのかと、急に不安になりました。

窓口の方が、上司らしき人に状況説明。

窓口の女性も上司も困惑した表情です。

 

ファインの心臓がバクバクッ、鼓動が早くなるのが自分でもわかりました。

ブラジルの宿泊先やらイグアス国立公園のチケットを見せて長時間説明しました。

「今回だけは見逃すけど、次回からはきちんとスタンプを押してもらってください」

とのことで、なんとか入国を許可されました。

 

 

 

消えたバス

入国を許可されて、ほっとしたけど、待っててくれてるはずのバスがいません。

長時間を費やしたので、当然と言えば当然でしょう。

言葉の通じない国境で、とぼとぼ「フォス・ド・イグアス行」のバスを探します。

 

ポルトガル語もスペイン語もわからない状況で、英語が全く通じないのです。

手帳に「フォス・ド・イグアス」と書いてその辺にいる人に聞きまくりました。

 

Aさん:「このバスだよ」と教えてくれました。

しかし、ドライバーに確認すると「違う、このバスじゃない」との返事。

Bさん:「あっちのバスだよ」

ドライバーの返事は「このバスじゃない」

Ⅽさん:「ここで待っていれば大丈夫だよ」

と聞く人聞く人みんな違う回答が返ってきます。

 

目的のバスが見つからず、腹が減ったので屋台で腹ごしらえです。

 

ブラジル国境の屋台飯ブラジル国境の屋台飯

 

 

お腹が満足したので、通るバスに聞きまくりました。

数打ちゃ当たる作戦が成功し、なんとか「フォス・ド・イグアス」へ戻れました。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

イミグレーションでスタンプなしでもトラブルもなく戻れた旅人もいるみたいです。

ファインと同じ目に合いたくない人は、念の為に出入国スタンプは押してもらいましょう。

万一イミグレーションでバスが待ってくれない状況になったとしても大丈夫です。

次のバスが来るのを待てばいいだけのことですから。

Argentine Brazil
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました