ペルーの首都リマで人気の日本人宿「お宿桜子」へ空港からの行き方 #30

お宿 桜子のプールPERU
この記事は約8分で読めます。

皆さんブエナスタルデス、旅ブロガーのファインです。

前回のメキシコシティー国際空港でのトラブルをなんとかクリアしてやってきました。

ペルーの首都「リマ」でございます。

空路からペルーへ入国する旅するなら、人口800万人の大都市リマからですよね。

 

ということで、今回は、ペルーの首都リマにある日本人宿について語ります。

 

 

 

ホルヘ・チャベス国際空港:Aeropuerto Internacional Jorge Chávez

海外では大統領の名前を空港につけることが多いですよね。

リマ国際空港では、当時の高度記録を打ち立てたパイロットの名前を付けているのです。

 

ホルヘ・チャベス国際空港は、リマ市内のカヤオ特別区にあります。

空港敷地のフェンスを出たら、治安の悪いエリアになるので長居は無用ですよ。

 

 

現地通貨を持っていない場合、目的地までの小銭程度だけ両替すればokです。

お宿桜子でも、桜子の近くのスーパーでも空港よりいいレートで両替できます。

 

リマ旧市街リマ旧市街

 

 

リマの日本人宿

ペルーの首都、リマには日本人宿が3つあります。

 

 

当山ペンション

リマでも治安のいい新市街にあります。

夜遅くに到着予定の方は、空港までの送迎もあるらしいので検討の余地ありです。

客層は、大人が多いみたいですね。

 

新市街ミラフローレスの海岸新市街ミラフローレスの海岸

 

 

日系三世のペペさんが経営されています。

 

 

江田イン

泊った方の情報によると、アクセスがあまりよくないみたいです。

日本語堪能な娘のモニカさんが困ったときに色々と助けてくれると聞きました。

こちらの客層も大人が多いようです。

 

オーナーは日系二世かな?三世かな?のホルヘさんです。

 

お宿 桜子

上記2つはペルーで知り合った方からの情報です。

ファインが泊ったのがここ「お宿 桜子」

 

海外の理想的な日本人宿で、客層は若者から大人まで様々です。

ペルー/LIMA PERU/リマ お宿 ペンション お宿桜子
PERU/LIMA に、新しいタイプのお宿ができました。 ホームステイ型お宿桜子です。 旧市街よりパスで10分。徒歩10分以内に市場、大型スーパー、大きな公園、病院、ございます。 併設施設には本格的な温水プール、サウナ、ジム完備です。 気軽にお問い合わせください。

 

 

アクセス方法

<タクシー>

空港周辺タクシーはぼったくり被害が多発しているのでお勧めしません。

タクシーを利用希望ならば、空港内のオフィシャルカウンターを利用しましょう。

 

荷物が大きく安く安全に宿まで行きたいなら、配車アプリウーバーがお勧めです。

ただ空港の15分×2=30分無料Wifiの環境はあまりよくありません。

 

現地で使えるSIMを用意していない方は、桜子専用タクシーもありますよ。

やや治安の悪い場所にあるので、時間帯によってはぜひご検討下さい。

 

<ローカルバス>

ファインは、明るいうちに空港に到着したので、ローカルバスを選択しました。

リマの街並みを楽しみながら、宿へ向かいました。

 

ローカルバスは窓が開いています。

乗客は、窓からゴミをポイッと平気で捨てます。(日本人のモラルは通用しません)

街並みの道路は、ゴミだらけなのでお世辞にも綺麗とは言えません。

 

桜子のHPでは、空港を出て左方向へと記載しています。

しかし、地図の赤い矢印通り空港の建物を出たら右へ歩いてください。

 

左方向というのは空港に向かってフェンス沿いにという解釈だと思います。

空港敷地内のフェンスを出たら、タクシー勧誘がガンガンきます。

彼らに対して、笑顔や愛想笑いをしてはいけません。

 

彼らの問いかけに反応するだけで、しつこい勧誘がさらにアップします。

無表情で、(あなたの存在が私には見えません)的な態度でバス停まで歩きましょう。

舌打ちされるかもしれませんが、勧誘を諦めてくれます。

 

空港の敷地を抜けて大通りに出たら、右へ徒歩2分、屋台が少し並んでいます。

その屋台が並んでいるところから、バスに乗ります。

このローカルバスに乗るのが、やや難易度が高いかもしれませんが頑張りましょう。

 

「ROMA-」または「ROMA-1」と書かれたローカルバスを目指してください。

スピード感が激しいのでオロオロしていたら乗れません。

ファインも1台乗り損ねました。(いや2台かな)

 

スペイン語も話せない状況で、不安になる気持ちもわかります。

屋台のおばちゃんに「ROMA-」または「ROMA-1」と書かれた紙を見せて下さい。

(どのバスですか?的な表情で)バスの方向を指さします。

 

すると、おばちゃんが屋台のお客に指示します。

そのお客が、「あれだ」と教えてくれます。

 

もたもたしていても、屋台のお客みんなでそのバスを強引に停めてくれます。

基本的にペルー人はみな親切ですよ。

 

グラシアス(ありがとう)を連呼してバスに乗り込みます。

バスに乗ったら2時間くらい車窓からの風景を楽しみましょう。

 

あれっ?2時間?と思いましたか?

空港からお宿桜子までは距離的には16キロくらいです。

 

しかし、リマは渋滞がひどいのです。

それと、グルグルといろんなところを経由するのでかなり遠回りして走ります。

 

ちなみに、大きいスーツケースだと一人分の料金を徴収される可能性があります。

 

 

あとは「Estacion Piramide del son駅」近くで下車するだけです。

乗り換えもないから、とても簡単ですよ。

 

不安な人は、「グーグルマップ」か「maps.me」で現在位置を把握すればいいでしょう。

 

 

ファインは、スペイン語がわからないので紙に駅名を書きました。

「ここで降りたい」アピールをしました。

 

バス車内の乗客みんなで教えてくれるから、不安にならなくても大丈夫です。

駅から地図通り4分歩けば、少し凹んだところに

 

「SAUNA TOMODACHI」の看板が見えます。

 

建物の1階は、サウナとプールの受付です。

「お宿 桜子」の受付は2階なので、2階まで案内してくれます。

プールを通っていくので、誰かが案内してくれないと受付までたどり着けません(笑)

 

2階では、なつきさんが笑顔で迎えてくれました。

ちなみに、「お宿 桜子」は、

オーナーの名前だと思っている人が多いみたいですが、桜子とは愛犬の名前です。

 

桜子に吠えられてたから、嫌われているのかなぁと思ったら、構ってほしいらしい。

ファインと同じかまってちゃんでした。

 

桜子とは、相性がいいかも・・・・・・・。

 

以下の動画は、1階にあるプールで、リマジュニア代表選手もいるみたい。

 

ファインも一緒に泳がせてもらいました。

スペイン語のできないファインに、なつきさんの息子が通訳してくれました。

 

 

その後、宿では息子さんとゲームをしたり、色々遊んでもらいました。

子供大好きなファインは、息子さんと桜子にとても癒されました。

彼がメチャメチャ可愛いんだ~!

 

 

<宿周辺情報>

宿周辺には、市場が2つ、徒歩20分位にスーパーマーケットがあります。

距離は1.7キロ「METRO」という大きなスーパーです。

 

外国のスーパーという感じで、ある程度の食材はこのスーパーで手に入ります。

夜は、宿で出会った人とみんなで食事を作り夕食をシェアしました。

 

一つ目の市場は、「お宿桜子」の前の大通りを渡ったところにあります。(小さいメルカドです)

二つ目の市場は、「Bosque」というメルカドです。(お宿桜子から15分くらい歩いたかも)

 

ファインが、この宿で特にお勧めしたいのがサウナです。

写真を撮れなかったのが残念ですが、数種類のサウナがあります。

 

男女共用で水着着用ですが、とても気持ちがいい。

ここ桜子では、3泊するとサウナ無料券がもらえます。

 

1泊でも、別料金を払えば普通に入れますよ。

もし桜子に宿泊予定の方は、サウナに入ることを強くお勧めします。

 

 

<宿からの差し入れ>

ファインが泊ったときに、看護師の女性の誕生日でした。

みんなでケーキを買って、その夜お祝い準備していたら

なつきさんからLINEが・・・・

 

なんと、宿からも差し入れがありました。

誕生日に宿からの差し入れなんて、初めての経験で驚きました。

看護師のTさんもとても喜んでいましたよ。

 

ピスコサワーピスコサワー

 

ここで出会った人とクスコで再会したり、

大勢で夕食をシェアしたり、様々な旅人の色々な話を聞いたり本当に楽しかった。

年齢性別関係なく、みんな仲良くなれるお勧めのお宿です。

 

 

 

追伸

チェックアウトするときも、なつきさん親子3人で見送りしてくれて嬉しかったなぁ~。

コロナが落ち着いていないので、いますぐは無理だけど、

来年?もしくは再来年に、また南米旅行をするときに絶対立ち寄りたい宿です。

PERU 海外旅行
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました