首都「マドリード」から「グラナダ」へ370kmの3種類の移動方法#60

マドリードからグラナダ行の「ALSAバス」Spain
この記事は約8分で読めます。

皆さんブエナス タルデス、旅ブロガーのファインです。

スペイン南部の「グラナダ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

ほとんどの日本人が「アルハンブラ宮殿」と答えるでしょう。

イベリア半島で一番高い「シエラネバダ山脈」と言わずもがな「地中海」。

海と山に囲まれた自然豊かなところが「グラナダ」の本当の魅力なのです。

 

ということで、今回は「マドリード」から「グラナダ」へ移動方法について語ります。

 

 

3つの移動方法

 

電車(AVE)移動

<短期間のスペイン旅行の方にお勧め>

マドリードアトーチャ駅⇔グラナダ駅が開通したのは、2019年6月24日です。

運行時間:7時台~19時台

運行頻度:1日3本

所要時間:3時間~3時間半

 

<チケット購入>

運賃:片道35€/往復70€

以下のサイトから購入可

Billetes de tren y AVE al mejor precio sin comisiones | Renfe
Billetes de tren baratos AVE, ofertas y descuentos sin comisiones garantizado. Horarios y toda la información de Cercanías y trenes de Media Distancia.

 

理由は不明ですが、日本のクレジットカードが使える人と使えない人がいるみたいです。

チケット購入できた方には、メールにeチケットが送られてきます。

プリントアウトするか、スマホの画面でeチケットのQRコードをかざせばokです。

 

小心者のファインは、海外では念のために印刷していきます。

Wi-Fiが使えなかったり、予測不能なトラブルに合う可能性は常に考慮して行動します。

 

マドリードアトーチャ駅マドリードアトーチャ駅

 

マドリードアトーチャ駅は、南側から入ります。

電光掲示板があるので、「行き先」「出発時刻」「列車の番号」を確認しましょう。

 

出発時間が近くなったら、プラットフォームを確認して下さい。

過去のトレドの記事で説明したように、プラットフォームはギリギリに表示が出ます。

 

<補足>

「マドリードアトーチャ駅」には空港と同じような保安検査があります。

保安検査通過後、各列車が出発するホームの前で再度チケットの読み取りがあります。

保安検査を通過しても、印刷したeチケットは絶対に捨てないように注意しましょう。

 

ちなみに、「マドリードアトーチャ駅」の保安検査は2階です。

 

ヨーロッパのホテルは、日本と異なり地上階を0階としています。

「G」と表記するホテルも多いです。

つまり、日本でいう2階は1階の表示になっています。

「マドリードアト―チャ駅」のような、大きな駅もホテルと同様の表示です。

 

 

グラナダ駅から市内移動

<4番の青い2両連結バス>

グラナダ駅 ⇒ カテドラル下車

運賃:1.4€

運行時間:7時台~23時台

各停留所にチケット券売機があります。

グラナダ駅に着いたら「ANDALUCES通り」を真っ直ぐ進みましょう。

「de la Constitucion通り」に出たら、右折したところにバス停があります。

 

※もし荷物が少なければ、市内までは歩いて行けなくもない距離です。

 

 

飛行機移動:Airplane

スペイン国内線は「イベリア航空」「ブエリング航空」が運行されています。

両社ともに、所要時間:65分

 

グラナダ空港:Aeropuerto de Granada

 

<イベリア航空>

マドリードを拠点にしている、スペインのフラッグキャリア。

世界の中で最も古い航空会社の1つです。

1998年に撤退するまで、日本にも就航していました。

2016年にふたたび日本に就航しましたが、コロナの影響でどうなるのでしょうか?

 

イベリア航空イベリア航空

 

 

<ブエリング航空>

2004年に設立されたバルセロナを拠点とする新しい航空会社です。

スペイン初の格安航空会社LCCとして注目されています。

ブエリング航空は、LCCによくみられる発着料金が安い地方空港を利用していません。

大手航空会社が使用する、比較的中心地に近い空港を利用しているのが特徴です。

 

 

グラナダ空港から市内へ

グラナダ空港から市内の距離は約15km

 

<タクシー>

運賃:35€~40€

所要時間:20分

※グラナダのタクシーはメーター制

もしメーターが動いていなかったらメーターの料金しか払わない旨を伝えましょう。

 

 

<空港バス>

ALSA社(青い車体)

運賃:3€

所要時間:40分

下車場所はグラナダ大聖堂(Catedral)

チケットは運転手さんから直接購入します。

 

明確な時刻表はなく、到着便の乗客がターンテーブルからいなくなったら発車します。

 

 

 

 

 

バス移動:Bus

ファインは、マドリードからグラナダまでは高速バスで移動しました。

運行頻度:1日に20本以上

マドリード ⇒ グラナダ

所要時間:約5時間

運賃:20€

 

 

スールバスターミナルスールバスターミナル

 

若者で、深夜バスを利用してマドリードからグラナダまで日帰りした強者もいました。

 

 

スール(南)バスターミナル

利用したのは、マドリードで一番大きい「スール(南)バスターミナル」です。

このバスターミナル周辺には、スーパーやデパートもあるので時間潰しに困りません。

 

ファインは、小心者なので出発時間より早めにバスターミナルへ到着します。

バスターミナル周辺のスーパーやデパートをプラプラしてからバスへ乗車しました。

 

最寄り駅:メトロ6号線「Mendes Alvaro駅」(メンデス・アルバロ駅)

 

 

スールバスターミナル②スールバスターミナル②

 

 

グラナダバスターミナル

グラナダバスターミナルは、大きくも小さくもなく、ごく普通のバスターミナルです。

ファインは、荷物も少ないのでタクシーは使わずローカルバスを利用しました。

 

 

<グラナダバスターミナルから市内移動方法>

路線バス番号:33番

距離:市内中心部まで4km

所要時間:約20分

運賃:1.4€

運行時間:7時台から23時台

運行間隔:平日は10分間隔

 

旅人の多くは、ファインが下車したカテドラル周辺の宿に泊まるでしょう。

運賃は、ドライバーさんに直接払います。

ファインは、お釣りのないようにいつも小銭をぴったり用意します。

今回は、降りたい場所をドライバーに伝えました

 

なぜなら、観光客には降りるバス停を特定するのがグラナダでは少々難しいのです。

土地勘のある地元民は、目的地の一つ手前でボタンを押すシステムとなっています。

初めて訪れたグラナダで、次に降りる風景なんか勿論わかりません。

 

しばらくするとドライバーさんが

「あっ・・・・セニョール、ごめん ごめん、すっかり忘れてた」

みたいなことを言ってたような(多分)

 

降りる予定のバス停のひとつ先で降りることになりました。

「ドライバーさん、頼むよ~」とスペイン語で言えずはずもなく、バスを下車。

 

 

 

クレディブス:Credibus

長期間グラナダに滞在する方向けのカードです。

 

▼市バス

▼アルハンブラバス

両方利用可能です。

 

<購入方法>

市バスのドライバーさんから直接購入

デポジット:2€

チャージ金額:5€、10€、20€

1回の乗車運賃:0.8€

 

1枚のカードで友達同士でシェアすることも可能です。

グラナダを離れるとき、カードを運転手さんに返却すればデポジットの2€は戻ってきます。

 

グラナダカード:Granada Card

販売元:グラナダ市役所

ざっくり説明すると観光箇所の入場券がまとまったお得なセットです。

 

カードは2種類

▼Basicタイプ:33.5€(有効期間3日間)

▼Plusタイプ(Basicより交通機関の乗車回数が4回多い+ツーリズム列車乗車券付き)

37.5€(有効期間5日間)

 

<入場可能な観光箇所>

・アルハンブラ宮殿(ナサリエス宮殿とヘネラリフェ庭園の入場券):15.4€

・グラナダ大聖堂:4€

・王室礼拝堂:4€

・カルトウーハ修道院:4€

・サン・ジェロニモ修道院:4€

・科学博物館:4€

・グラナダ地方銀行美術館

・サフラの家

・サクラモンテの聖堂

 

バス乗車1.2€×5=6€

 

グラナダの主要観光地をほぼ網羅しているので、全部観てやろうと思う方向けです。

 

 

アルハンブラ宮殿巡回バス:Alhambra bus

<アルハンブラ宮殿巡回バス>

バス番号:C30

乗車場所:⑭イサベル・カトリカ広場

⑮santa escolásticá

⑱   ↓

⑳   ↓

降車場所:①アルハンブラ宮殿チケット売り場前

 

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

追伸

人口24万人のグラナダは留学生が多い街です。

ファインが泊った宿でも、日本人留学生と出会いました。

グラナダに住んでいるので、一緒に観光することはなかったですが好青年でした。

ひとり旅をしていると、こういう出会いも楽しいですよね。

Spain
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました