ソウルの新名所「東大門歴史文化公園」とソウルで2番目に高い山「道峰山」#234

ソウルの新名所「東大門デザインプラザ」韓国
この記事は約5分で読めます。

アニョハセヨ、旅ブロガーのファインです。

あなたは日常生活でストレスが溜まり、無性に飛行機に乗りたくなる時ってないですか?

添乗員時代はそんなことはなかったのですが、今は時々そのような症状が出てきます。

そんな時は、「スカイスキャナー」と「トライシー」で格安チケットを探します。

運よく安いチケットを見つけたと思ったら、その多くは韓国行のチケットです。

コロナ禍以前は、キャンペーンなどで1000円で韓国に行けました。

国内旅行よりも安価に行ける韓国は、美味しい食べ物もたくさんあるのでオススメです。

 

 

ということで、今回もサクッと短期旅行で行けるソウルの名所について語ります。

 

 

 

東大門歴史文化公園トンデムン・ヨッサムンファゴンウォン:Dongdaemun History & Culture Park

24時間眠らないファッションの街として知られる「東大門」トンデムン

その街に2009年10月に誕生したのが「東大門歴史文化公園」です。

敷地面積:62,957平方メートル

 

<主な見どころ>

①ソウル城郭

ソウル城郭は、1周18㎞もあるので歩いて観光するのは現実的でありません。

ここは日本植民地時代に壊されたソウル城郭の一部とニ間水門イガンスムンが復元されています。

②離間水門

③東大門歴史館

④東大門悠久展示館

⑤東大門運動場記念館

⑥イベントホール

⑦デザインギャラリー

 

誰でも自由に散策できるので、ソウル市民と観光客が多く訪れています。

料金:公園内にある展示館もすべて無料

営業時間:公園は24時間開いていますが、展示館の開館時間は10:00~19:00

※公園内での飲食は出来ますが、展示室へは食飲の持込みが禁止されています。

 

 

アクセス:Access

最寄り駅:地下鉄2号線東大門歴史文化公園トンデムンヨッサムナコンウォン駅(Dongdaemun History&Culture Park)

     1番出口 徒歩5分

 

 

東大門デザインプラザ:Dongdaemun Design Plaza

通称:DDP

東大門歴史文化公園の隣に、あるのがランドマークの「東大門デザインプラザ」です。

2014年3月21日にオープンしたのですが、ソウル市民には少々不評のようです。

かなり斬新なデザインですが、周囲の景色と調和していないと批判されているとか・・・💦

 

3次元の立体設計技法を駆使して、アルミパネル45,133枚を使用しています。

ライトアップされる夜には、昼とは異なり近未来的な雰囲気になります。

設計者は、新国立競技場ですったもんだがあったイラク出身の建築家ザハ・ハディッド氏。

 

アクセス:Access

最寄り駅:地下鉄4号線東大門トンデムン駅(Dongdaemun) 7番出口  徒歩7分

 

東大門デザインプラザ東大門デザインプラザ

 

 

 

道峰山トボンサン:Dobongsan Mountain

ソウルを代表する岩山ですが、ここでは日本人を全く見かけませんでした。

道峰山とんぼさんの最高峰「紫雲峰ジャウンボン(739.5m)」は、とても美しい峰として有名です。

「赤い光の雲がかかる」という意味があります。

ファインは観ることが出来ませんでしたが、晴れたら黄海を臨むことが出来るようです。

黄海=朝鮮半島鮮半島と中国大陸の間にある海

 

 

所要時間:約往復2時間(途中で休憩を入れるなら3時間は必要です)

「Dobongsan National park」の看板前で写真を撮るのが定番みたいですね。

登山道入り口に到着すると、2つのルートに分かれています。

 

ハイキングほど楽ではないですが、登山と言うほど険しくありません。

整備されている道もあるので、レベル的には高尾山くらいのイメージでしょうか。

但し、道峰山最高点神仙台へは、富士山の9合目レベルでかなりハードです。

 

ワイヤー頼りに岩を登るので、登山になれていない年配者には厳しいと思います。

日本語標識がなかったので、普段から日本人が訪れることが少ないのでしょう。

 

道峰山道峰山

 

 

庭岩マダンパウイというところから2手に分かれています。

頂上の「神仙台シンソンデ」を目指すか否かはここで判断しましょう。

直進コースの距離は800mと短いですが、かなりハードです。

難易度の低い迂回コースもありますが、ファインは歩いていないので割愛します。

 

個人的な印象ですが、岩がゴロゴロしているので昇る時よりも下山の方が怖かったです。

道峰山に登ってみると、ソウルの街は山に囲まれているのだと実感します。

あなたもソウルを訪れた際にはソウルで2番目に高い道峰山トボンサンに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

アクセス:Access

最寄り駅:地下鉄1号線/7号線道峰山トボンサン駅 1番出口 徒歩10分

大通りを進むと登山関係のお店が並んでいます。

登山入口にある「道峰探訪支援センター」では、夜間入山禁止の看板がありました。

以下時間帯にしか登山が出来ないようです。

<登山時間>

7:30~18:00 (3月~10月)
8:00~17:00 (11月~2月)

道峰山②道峰山②

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸

今回の、ソウル散策はいかがでしたでしょうか?

歩き疲れたファインは、ふらっとコンビニに立ち寄りました。

日本では見たことがない「ゴボウのお茶」が目に留まり購入しました。

これが大失敗でした。

韓国の飲食ではあまり外れがないのですが、このお茶が不味いこと 不味いこと😢

国外の飲食で、残すことがほぼないファインが韓国で唯一飲み干さなかったドリンクです。

韓国
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました