タイの「エレファントライディング」は心から楽しめない? #99

ゾウの親子Thailand
この記事は約8分で読めます。

皆さんサワディークラッㇷ゚、旅ブロガーの「ファイン」です。

 

タイを代表する動物といえば「ゾウ」ですよね。

ファインは、タイでゾウに乗る体験をさせてもらいました。

ゾウがサッカーをしたり、ダンスをしたり観光客に様々なショーを見せてくれます。

 

しかし、ファインは「ゾウの目が死んでる」と感じてしまったのです。

鋭利な鎌を持った人間に操られているゾウを見て正直愉快な気分になれませんでした。

観光客の入場料がゾウの保護に充てられていることは知っています。

 

それでも鎖につながれているゾウは、見ていて愉快な気分にはなれなかったです。

絵を描いているゾウの悲しそうな表情がこの記事を書きながら目に浮かびます。

恐らく2度と「エレファントライディング」に行くことはないでしょう。

 

今回は、タイの人気観光の一つエレファントラインディングの裏側について語ります。

 

 

 

絶滅危惧種

タイ国内だけでも野生のゾウは数10万頭いたそうです。

現在では野生と飼育されているゾウは合わせて3000~5000頭だと言われています。

その半数以上が調教され飼育されているゾウなのです。

 

 

激減の原因は人間

▼ゾウの生息環境を破壊

▼森林伐採によりゾウの住処減少

▼エサを求めた像を農民が射殺

▼水を求めて現れた像を捕獲し象牙の闇取引

 

ゾウの保護活動に努めている人がいる一方、私利私欲に走る人間がいるのも事実です。

 

 

プーケット・エレファント・サンクチュアリ(PES)

タイ語ではゾウを「チャーン」と呼びます。

この「プーケットエレファントサンクチュアリ」は「チャーン」の保護施設です。

ここでは、人間がゾウにしている衝撃的なビデオを見せられます。

 

 

ゾウの調教方法

赤ちゃんゾウを母ゾウから引き離します。

引き離された子ゾウたちは人間に服従するように訓練されます。

 

・狭い空間に閉じ込める

・殴る、蹴る

・睡眠をさせない

・餌を与えない

 

このように調教された像はおとなしく従順になり人間に逆らわなくなるそうです。

※「エレファントライディング」を運営する施設はトレーニングだと主張しています

 

悲しそうなゾウの目悲しそうなゾウの目

 

われわれ観光客は、このようにして調教されたゾウに乗っているのです。

調教されたゾウの中は、観光客が捨てたプラステックゴミを飲み込み死んだ像もいます。

人間を喜ばせるために調教され、その喜ばせた人間が出したゴミにより命を落とすゾウ。

どう思いますか?

 

ゾウの背中

旅行者たちはゾウの背中に取り付けられた硬い竹製の座席に座ります。

ゾウの首や鼻はとても強いのですが、背中は人や物を乗せるようにできていません。

本来は丸いはず背中に長年重いものを乗せ続けたことでフラットになってしまいました。

つまりゾウの背中は100kg(人間二人分)でも相当の負担がかかっているのです。

 

この現実を知って、あなたは笑顔でゾウの背に乗れるでしょうか?

 

 

 

上記で紹介したこと以外に以下の事実が明らかにされています。

 

・盲目の像を虐待

・高齢の像を虐待

・負傷した像を虐待

・働きすぎた像を虐待

 

つまり生まれてすぐ母親から引き離された赤ちゃんゾウは、死ぬまで酷い扱いを受けるのです。

 

鎖につながれたゾウ鎖につながれたゾウ

 

 

 

 

ゾウの歴史(タイ)

日本では戦国時代に馬にまたがり戦をしました。

タイで戦争になると、王はゾウに乗って戦いに臨みました。

ゾウは王を守り先頭を切って戦う、勇気と誇りの象徴とされていたのです。

 

タイ国民が信仰している仏教とゾウ

「ブッダのお母さんはある日、白いゾウがお腹に入る夢を見て、ブッダを身ごもった

ことを知った」という逸話は子どもでも知っている有名なお話です。

 

仏教では、「白いゾウ」はブッダの化身とされています。

ブッダの前世が白いゾウだったという説もあるのです。

白いゾウを得た国王は、高い人徳を持ち人々から敬われると信じられています。

 

白い象を発見したらすべて王に献上しなければならないという法律があるほどです。

タイ国内では、白い象は王の象徴でもあり、国家の威厳の象徴でもあるのです。

 

 

ゾウの餌

大人の象1頭に1日に150kg~200kgの 食料

100リットルもの水

 

エレファントライディング:elephant riding

・アユタヤでは世界遺産の寺院の周りを散歩

・プーケット島では海岸のそばや森の中をライディング

・カオヤイではゾウがジャングルを通り川の中をザブザブと歩く

 

観光客を乗せる座席を背負ったゾウ観光客を乗せる座席を背負ったゾウ

 

 

エレファントライディングの注意事項

<服装と手荷物>

・ランニングやノースリーブといった肩の部分が出てしまう服装は不適応です。

(Tシャツなどの半袖の服装はok)

・ズボンやスカートなどはくるぶしほどまでの丈があるもののみが許可されます。

・靴は、かかと部分が無いものは不適応とされています。

・安全上の理由で両手が空いている状態にしておくこと

・ハンドバッグ類は肩からかけてショルダーバッグにしましょう。

 

バスケットをやらせれるゾウバスケットをやらせれるゾウ

 

 

エレファントワールド:Elephantsworld

「エレファントワールド」はバンコクから120km離れたカンチャナブリにあります。

ここは、上記で説明した「苦しんでいるゾウ」を保護する目的で設立されました。

「人のために働き続けたゾウの最終的な安息地」として設立されたのです。

 

 

ここにいるゾウの背中はみんな真っ平らです。

人を大勢乗せ続けて、背骨が変形しているゾウがたくさん保護されています。

 

参加費:ランチビュッフェ付き2500B(インターネットで予約可)

・ゾウのエサやり

・ゾウのエサとなるトウモロコシの収穫

・栄養ボール作り(サプリをお米や野菜に混ぜ合わせる)

・小ゾウのお世話

・水浴び(デッキブラシで擦る)

 

お金を払ってゾウのお世話をする施設です。

参加プログラムが終了するとクッキーとドリンクがもらえます。

寄付箱が施設内に設置してあり、寄付をすると「リストバンド」がもらえるようです。

ゾウの食費は半端ないので、寄付金はいくらあっても足りないとのことらしいです。

 

アクセス

バンコクからの距離は約120km

バンコク市内から「南バスターミナル」まで511番バスで50分

運賃:21B

 

<バス移動orロットトゥー>

バンコクの南バスターミナル(サイタイマイ Sai Tai Mai)からバスが毎日出ています。

所要時間:約3時間

朝4時台~20時台まで

 

<鉄道移動>

バンコクのトンブリ駅(バンコクノイ駅)から毎日運行

所要時間:約3時間

 

 

カンチャナブリの観光地

▼映画「戦場にかける橋」で有名になった泰緬鉄道(Thai-Burma Railway)

・約300mのクウェー川鉄橋

・列車がギリギリ通れるくらいの幅約4mのみ削り取られた「チョンカイの切り通し」

・長さ約400mの高架橋「アルヒル桟道橋」は泰緬鉄道観光のハイライト

 

クウェー川の鉄橋クウェー川鉄橋

 

チョンカイの切り通しチョンカイの切り通し

 

 

 

▼タイで一番美しい「エラワンの滝」

カンチャナブリバスターミナルから約30分

料金相場:90B

営業時間:8:00~16:00

入場料:300B

エラワン国立公園内に2kmのハイキングコース7つの滝があります。

2つめの滝「wang mat cha」

泳ぐことも出来るので水着を持参しましょう。

ドクターフィッシュもいるので足を突っ込む観光客が大勢います。

 

エラワン国立公園の滝エラワン国立公園の滝

 

 

エレファントワールドに訪れる方は、上記2つもセットで観光することをお勧めします。

カンチャナブリの街は「レンタル自転車」「バイク」「車」で移動する事が出来ます。

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸

今回述べたことは、ゾウの催し物を批判する意図はありません。

ゾウのパフォーマンスを楽しんでいる観光客がたくさんいることも知っています。

今回の記事は、ゾウが虐待されていると感じてしまったファイン個人の考えです。

 

我々観光客が楽しんでいるエレファントライディングの真実を伝えたかったのです。

そういうファインもタイを訪れるまでは、この現実を知りませんでした。

この現実を知ったうえで、タイ観光をして頂けたら嬉しく思います。

 

タイ政府はゾウの保護施設を開き病院建設などいろいろな対応をしています。

ゾウに酷い扱いをしているのも人間なら、保護し助けようとしているのも人間です。

タイ観光でも有名な「エレファントライディング」をあなたはどう思いますか?

Thailand
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました