人気都市バルセロナから首都マドリードへの移動方法 3選 #56

車窓から見たスペインの風車Spain
この記事は約8分で読めます。

皆さんBuenas tardes、旅ブロガーの「ファイン」です。

スペイン旅行に来られた日本人は「バルセロナ」と「マドリード」、

この2都市を訪れる方が多いです。

 

「バルセロナ」~「マドリード」間は、約610キロあります。

今回は、人気都市バルセロナから首都のマドリードへの移動方法について語ります。

 

移動方法は3つ

▼鉄道

▼飛行機

▼バス

 

 

 

スペイン国鉄:Renfe

スペイン政府100%出資の鉄道会社です。

このスペイン国鉄のレンフェに、高速列車のAVE(アヴェ)があります。

 

正式名称は「Alta Velocidad Española」の頭文字を取ったのがAVE(アヴェ)です。

時間がない短期旅行者にはAVE(アヴェ)の利用をお勧めします。

始発は6時台から最終は21時台まであります。

だいたい60分に1本~2本くらいの間隔で運行しています。

 

バルセロナ・サンツ駅発 ⇒ マドリード・アトーチャ駅着

所要時間:2時間半から3時間

最安値:往復120ユーロ

座席クラス+運賃タイプで料金が決まります。

 

<座席クラス>

Turista(トゥリスタ):一番人気の安いクラス

Turista plus(トゥリスタ・プラス):座席がTuristaより広い分料金も上がります

Preferente(プレフェレンテ):快適な座席と最上級のサービスが提供されます

 

<運賃タイプ>

Promo 略して P(プロモ):キャンセルや変更ができない最安値のタイプ

Promo+ 略してP+(プロモ+):手数料がかかるがキャンセルや変更ができるタイプ

Flexible 略してF(フレキシブル):キャンセルや変更ができるが割引がないタイプ

Mesa 略してM(メサ):4席分の団体用タイプ

 

AVEの連結部には、スーツケースなどを置ける荷物置き場があります。

もし荷物置き場を利用する方は、海外を意識して必ず鍵をパイプにかけてください。

防犯対策については「100円ショップで出会える旅行グッズ#4」を読んでみて下さい。

当日購入もできますが、安いチケットから売り切れるので、予約をした方が安心です。

 

Billetes de tren y AVE al mejor precio sin comisiones | Renfe

 

 

スペイン国鉄のRenfeスペイン国鉄のRenfe

 

 

バルセロナ・サンツ駅

バルセロナ市内からはサンツ駅を目指しましょう。

地下鉄/Sants Estació (L3線・L5線)

シングルチケット:2.20€

 

Atocha駅:(アトーチャ駅)

マドリードの「Atochaアトーチャ駅」の駅舎は、ほんとうにお洒落です。

 

マドリードのアトーチャ駅マドリードのアトーチャ駅

 

「ソフィア王妃芸術センター」の帰りに寄ったのですが、強烈なインパクトがあります。

アトーチャ駅構内には、様々な植物が植えられて植物園みたいな雰囲気です。

 

電車に乗る予定もなかったけど、カフェテラスでまったりとお茶をしました。

インスタ映えすること間違いなしの素晴らしい魅力的な駅です。

 

マドリードのアトーチャ駅②マドリードのアトーチャ駅②

 

 

2004年のテロ事件

AVEが到着するマドリードのAtocha駅(アトーチャ駅)周辺は2004年のテロ現場です。

 

3.11と聞けば、日本人は「東日本大震災」を思い浮かべるでしょう。

しかし、スペインでは「マドリード列車爆破テロ事件」を思い浮かべるのです。

 

「エル・ポソ駅」や「サンタ・エウヘニア駅」など合計で10回の爆発が起きたのです。

2004年3月11日に191人が死亡、2,000人以上が負傷した忘れてはいけないテロ事件です。

 

 

飛行機移動

所要時間:約85分

運賃:70€~100€

エル・プラット空港  ⇒  マドリード・バラハス空港

 

▼宿からエル・プラット空港移動時間+チェックイン手続き時間

▼マドリード・バラハス空港での荷物受け取り時間+市内移動時間

 

上記2つを計算するとAVAより到着時間が遅くなるでしょう。

 

 

LCCも荷物を預ける料金を加算すると、通常の航空会社とほぼ変わりません。

複数の航空会社やクラス等の条件により料金は大きく変動します。

 

アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港

 

ブエリング航空

スペインで最も人気の格安航空会社。

バルセロナが拠点であるため、マドリード行の便数も多いので利用価値あり。

 

ラインエアー

アイルランドを拠点としている安い航空会社。

旅人の間では評判がすこぶる悪いです。

手荷物の条件がとても厳しくて、結果フラッグキャリアと同料金になる。

座席の快適さが悪いのは気にしませんが、地上職員の勤務態度も評判が悪いです。

公式HPで申し込んでも、不具合が多くクレームが続出です。

ファインも一度HPから申し込んだことがありますが、二度と使うことはないでしょう。

 

 

アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港から市内移動方法

 

①鉄道Renfe

運賃3.1€

最安値ですし、移動もとても簡単ですよ。

空港に到着したら、「ターミナル4」へ移動しましょう。

ターミナル1,2,3に到着したとしても無料シャトルバスがあるので大丈夫。

※案内看板に「Connecting」と書かれているのが連絡用のシャトルバス

 

 

バスの車体は黄緑

バス正面上部に「TRANSFER SHUTTLE T1→T2→T3→T4」と書かれています

 

<自動販売機の使い方>

▼スペイン語表記を英語に変更

▼SINGLE TICKETを選択

▼行き先を選択(主要駅は、ボタンが表示されます。)

▼乗車日を選択。当日の場合は、Confirm(確認)ボタンを押します。

▼運賃に0.5€のチケット代が加算されます。

▼+、-ボタンで購入枚数選択。

▼コイン、紙幣、クレジットカードを選択。(200€紙幣は利用不可)

▼切符が下から出てきます。

 

<乗車方法>

▼購入した切符を改札のセンサーにタッチします(空港ターミナル駅は始発なので、座れますよ)

▼車内にディスプレイがあるので、自分の降車駅を確認

▼降車するときは、ドア付近のボタンを押します

▼電車を降りたらSalida/Exit方面へ進み改札でセンサーに切符をタッチします

 

 

②メトロ

運賃:2€+空港特別料金3€+ICカード代2.5€

空港に着いたら「METRO」の表示通りに進みましょう。

改札近くにある自動券売機で「青い機械は旧型」、「赤い機械は新型」です。

 

<切符の買い方>

▼スペイン語から英語表示に変更

▼初回切符を購入する場合「Purchase transport card」をタッチ

▼切符の種類 1回券(1 JOURNEY)を選択

▼1回券の種類を選択。「ZONE A METRO SINGLE TICKET」(観光スポットがあるエリア)

▼選択後、accept(了承)ボタンをタッチ

▼行き先駅を選択

▼アルファベットから駅名の頭文字を入力

▼駅を選択したら料金が表示されます

▼レシート(invoice)を要、不要を聞かれます

▼支払い方法はクレジットカード、コイン・紙幣

▼料金を払うとICカードが出てきます

 

マドリードのメトロICカードマドリードのメトロICカード

 

※乗車方法は、ほぼRenfeと同じです。

 

バス移動

スペイン国内で一番有名な大手バス会社ALSA(アルサ)

長期旅行者には、このALSAのバス移動がお勧めです。(ファインは、昼発夜着のバスで移動しました。)

夜発朝着なら宿代も1泊分節約できます。

 

運賃:片道35€

所要時間:マドリード南停留所(Madrid Estación Sur)まで7時間半

 

 

バルセロナのバスターミナル

 

▼北バスターミナル:Estacion de Norte

地下鉄/Arc de Triomf”駅(L1線)・Marina駅(Ⅼ1線)

コインロッカー料金:小€3.50  大5€.00

近くに凱旋門があるので、発車時刻まで荷物を預けて観光することも出来ます。

 

バス移動の景色/風力タービン(風力発電)バス移動の景色/風力タービン(風力発電)

 

バスの車窓からは風力発電がありえないくらいたくさん見れて、とても快適でしたよ。

「これがドン・キホーテの国だ」と思いましたね。

 

スペイン最大手バス会社「ALSA」スペイン最大手バス会社「ALSA」

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追伸

いかがでしたでしょうか?

みなさんそれぞれの旅のプランがあると思いますが、バス移動は快適でした。

 

クオリティーが高いので、スペインの景色を楽しみながらのバス移動はお勧めです。

Spain
シェアする
管理人

性別    :男性
居住地域  :千葉
自己紹介
飛行機が飛ばない状況でも、未知の国へ行く意欲がまったく衰えない旅ブロガーです。ひとり旅を好むが寂しがり屋という矛盾した性格です。都内の大学卒業後、旅行会社へ就職。転職後も旅行関連の資格を取得し観光業界へ従事。添乗員を目指している方、国家資格取得を目標にしている方の参考になるネタを投稿していく予定です。海外旅行では、失敗だらけだけど無事に帰国できればokという考えです。同じ旅好き、もしくは観光業界への就職を目指している方々の役に立ちたいという思いでブログをはじめました。旅行に関する情報をシェアしあなたと一緒に成長できれば嬉しいです。

ファインをフォローする
元添乗員のひとり旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました